大和版 掲載号:2018年6月1日号
  • LINE
  • はてぶ

節目も「今が旬」 草柳コミセンが25周年

文化

会館の模型を眺める齋藤館長(左)ら
会館の模型を眺める齋藤館長(左)ら

 大和市コミュニティセンター草柳会館の開館25周年を祝う集いが5月19日、同館で行われた。式典には大木哲市長、柿本隆夫教育長ら来賓を含む80人ほどが参加、節目を祝った。

 式典は齋藤正果館長が「目で、耳で、舌でおもてなしを」との趣向から、食事が供されたほか、大和市音楽家協会によるコンサート、同館の相談役を務める小林俊雄さんが製作した姫路城、法隆寺、ガンダムなどの木工作品の展示などが行われた。小林さんは式典に合わせ、草柳会館の75分の1サイズの模型を製作しており、この日、初披露された。

 大木市長は「コミセンは多くの人が集う場として、ますます重要な場所になってきた」と祝辞を述べ、齋藤館長は「常に今が旬と考え、魅力あるコミセンであり続けたい」と挨拶した。
 

最後は「故郷」を全員で合唱
最後は「故郷」を全員で合唱

大和版のローカルニュース最新6件

横浜商科大学高等学校

学校説明会10月20日(土)・11月23日(金)・12月1日(土)、予約不要

http://www.shodai-h.ed.jp/

<PR>

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

手作り作家の祭典 新たに

手作り作家の祭典 新たに

綾瀬で「ララ マルシェ」開催

11月10日~11月10日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク