大和版 掲載号:2018年12月21日号 エリアトップへ

市内小中学生が奮闘 全国防具空手道選手権

スポーツ

掲載号:2018年12月21日号

  • LINE
  • hatena
左から、吉田君、大工原君、下田君、吉岡君
左から、吉田君、大工原君、下田君、吉岡君

 厚木市荻野運動公園アリーナで11月23日、全国防具空手道選手権大会が行われ、誠志会館(人見龍誠館長)に所属する市内小中学生が好成績を残した。

 中学1・2年男子組み手の部に出場した大工原雄輝君(南林間中1年)は、競技を8年間続けてきた中で初めての優勝を果たした。左利きの長所を生かし、左足のけりで攻め得点を重ねることができたという。

 小学6年男女混合形の部の下田琳温(りおん)君(西鶴間小)も、関東大会に続き全国優勝。強敵揃いの大会で勝ち抜くために安定感が必要と考え、地道な練習を繰り返して臨んだ。下田君は「このまま連続優勝できるようにしたい」と話した。

 小学5年男子組み手の部で準優勝した吉岡龍之介君(緑野小)はサッカーも習い、スピードと体力が持ち味。小4男子組み手の部に出場した吉田笹良(ささら)君(林間小)も、相手の動きを見ながら右の突きを次々と決め準優勝した。

大和版のローカルニュース最新6

児童生徒28人が入賞

南林間

児童生徒28人が入賞 教育

ポスター・標語作品展

12月3日号

ウィーンホールで冬を感じる演奏会

中央林間駅前で春秋恒例の献血

中央林間駅前で春秋恒例の献血 社会

中央シティLC

12月3日号

難しいから面白い

難しいから面白い 社会

太極拳・重谷赳夫さん(95)

12月3日号

大和署前に冬の風物詩

新年も中止相次ぐ

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook