大和版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

市民農園 北部で増設へ シニア需要に対応

社会

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena
市内21カ所ある農園
市内21カ所ある農園

 市民農園のニーズの高まりに応えるため、大和市は今年3月に策定した「大和市都市農業振興基本計画」の中で、2028年度に市民農園の区画数を1100区画とする目標値を設定している。

 同計画は、2015年4月に制定された都市農業振興基本法を受け初めて策定された。計画の基本方針の一つに「『農』とふれあい、『農』への理解と関心を高める」を挙げ、市民農園の整備を進めるとしている。

 1989年に開設した市民農園は、現在21農園931区画設置。うち利用されているのは約850区画。市北部や中部では定員を超え、抽選で利用者を決定する人気の農園がある一方、南部では空きがある。市農政課によると、「団塊の世代」が退職を迎えた2010年頃から希望者が増加傾向だという。

 市民農園は、市が土地所有者から土地を借り受けているため、相続など所有者の事情で返還し、区画が減少することもある。市農政課は「市民農園は遊休地の活用にもなっている。今後は希望者が多い市北・中部で、農園に向く土地を探して増やす方針」と話した。

 市民農園の利用は3年単位で、募集は毎年2月。運営や管理は利用者による委員会(中島稔碩会長=人物風土記で紹介)が行っている。

綾瀬スマートIC近く家族葬式場

1日1組限定、完全か貸し切りの寛ぎ空間。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版のローカルニュース最新6

市内3社が新たに登録

かながわSDGsパートナー

市内3社が新たに登録 経済

6月11日号

2年ぶり入選作決まる

第21回大和展 

2年ぶり入選作決まる 文化

6月11日号

ゆとりの森にヤマトン!?

夏の熱戦 組み合わせ決定

高校野球神奈川大会

夏の熱戦 組み合わせ決定 スポーツ

7月10日開幕、開会式はなし

6月11日号

あかり食堂で教室体験

6月19日(土) 南林間

あかり食堂で教室体験 教育

子どもの発達をサポート

6月11日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter