大和版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

市民農園 北部で増設へ シニア需要に対応

社会

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena
市内21カ所ある農園
市内21カ所ある農園

 市民農園のニーズの高まりに応えるため、大和市は今年3月に策定した「大和市都市農業振興基本計画」の中で、2028年度に市民農園の区画数を1100区画とする目標値を設定している。

 同計画は、2015年4月に制定された都市農業振興基本法を受け初めて策定された。計画の基本方針の一つに「『農』とふれあい、『農』への理解と関心を高める」を挙げ、市民農園の整備を進めるとしている。

 1989年に開設した市民農園は、現在21農園931区画設置。うち利用されているのは約850区画。市北部や中部では定員を超え、抽選で利用者を決定する人気の農園がある一方、南部では空きがある。市農政課によると、「団塊の世代」が退職を迎えた2010年頃から希望者が増加傾向だという。

 市民農園は、市が土地所有者から土地を借り受けているため、相続など所有者の事情で返還し、区画が減少することもある。市農政課は「市民農園は遊休地の活用にもなっている。今後は希望者が多い市北・中部で、農園に向く土地を探して増やす方針」と話した。

 市民農園の利用は3年単位で、募集は毎年2月。運営や管理は利用者による委員会(中島稔碩会長=人物風土記で紹介)が行っている。

大和版のローカルニュース最新6

今年も大和が熱くなる

今年も大和が熱くなる 文化

7/27・28 神奈川大和阿波おどり

7月19日号

今年はマイうちわで

今年はマイうちわで 文化

シリウスで阿波おどり応援企画

7月19日号

花翠流の舞踊発表会

入場無料

花翠流の舞踊発表会 文化

21日 シリウスメインホール

7月19日号

阿波おどり振興協会副会長 栗城健

阿波おどり振興協会副会長 小幡秀造

阿波おどり振興協会会長 岸幸博

阿波おどり実行委員会実行委員長 長谷川雄一

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 3月22日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク