大和版 掲載号:2020年9月18日号 エリアトップへ

民家や学校、公園も対象 「ドローン規制」 基地周辺も 改正法、9月6日に施行

社会

掲載号:2020年9月18日号

  • LINE
  • hatena
赤い線が厚木基地の区域。青い線が飛行禁止区域
赤い線が厚木基地の区域。青い線が飛行禁止区域

 小型無人機「ドローン」の飛行を原則禁止する区域を指定する、いわゆる「ドローン規制法(小型無人機等飛行禁止法)」が改正され、飛行禁止となる対象施設・区域に、自衛隊・在日米軍施設が新たに指定された。自衛隊施設は海上自衛隊岩国航空基地など14か所で8月17日から。在日米軍基地は、厚木海軍飛行場(厚木基地)やキャンプ座間などを含む15か所。

 ドローン規制法は、国会議事堂や首相官邸、皇居など国の重要施設や原子力事業所、外国公館などの重要施設やその周辺地域(周囲約300メートル)の上空における飛行を原則禁じる法律。

 厚木基地周辺地域で飛行の場合は、飛行予定日の30日前までに基地司令官など施設管理者の同意が必要な他、飛行48時間前までに大和警察署への事前通報が必要となる。

 違反した場合、警察官や自衛官にドローンの破壊や捕獲が認められており、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科される場合もある。

 厚木基地の飛行禁止区域内には、引地台公園(大和スタジアム除く)や大和ゆとりの森、綾瀬スポーツ公園、光綾公園など、比較的ドローンを飛ばしやすい大規模公園があり注意が必要。

 また住宅街も近く、今後の台風シーズンに備え、「外壁や屋根の点検・修理のために」、と安易に飛ばすと、違反の対象となる恐れがあるので、自宅が飛行禁止区域に入っているかどうか確認しておく必要がありそうだ。

 問合せは大和警察署【電話】046・261・0110または南関東防衛局座間防衛事務所【電話】046・261・4332。

大和版のローカルニュース最新6

防衛基盤の醸成に寄与

防衛基盤の醸成に寄与 社会

青木市議に感謝状

10月23日号

『半沢直樹』で剣道指導

『半沢直樹』で剣道指導 文化

南林間在住 土田真彦さん

10月23日号

読者プレゼント

読者プレゼント 文化

「秋の終わりのコンサート」

10月23日号

半年遅れの表彰式

半年遅れの表彰式 経済

「お店大賞」受賞店に盾

10月23日号

垂直・分散避難の判断も

地元音楽家がコンサート

コロナ禍の今こそ恩返し

地元音楽家がコンサート 文化

10月31日シリウスで

10月16日号

大和市立病院、職員を募集中

市民のみなさまに信頼される職員を目指して、一緒に頑張りましょう!

https://www.yamatocity-mh.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク