大和版 掲載号:2021年2月5日号 エリアトップへ

徒然想 連載275 花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

掲載号:2021年2月5日号

  • LINE
  • hatena

 今月は、花の開くは栽培の力を仮らず。自(おの)ずから春風の伊(かれ)を管待(かんたい)する有り、です。

 出典は、鎌倉、大応(だいおう)国師(こくし)の言葉。『大応国(だいおうこく)師語録(しごろく)』。意は、花が開花するのは人の手によってではなく、大自然に春の風が吹いて花の開くように世話をしているからである、ということです。

 この文言は、師が博多の崇福寺に住したときに、正月十五日に弟子達に話したものです。このような道歌があります、「年ごとに 咲くや吉野の山桜 木を割て見よ 花のありかを」。

 たずねても見当たらぬものの中から、春になるとあの爛漫たる花が咲き乱れるのですから、不思議というほかならない。この不思議な自然の妙を、師は、「春風が吹いてかれ(花)のお世話をするからだ」と教えています。そこに「おのずから」と言わざるを得ない世界の真実の様子があります。

 春がやって来ると梅や桜が開花しますが、この美しく香りの高い花はどこからどのようにして咲き出すのか。それすら見とどけることもできない。

 つまり花の咲きでる根源は「無」というほかはない。

 真実の様子(実相)とは「無」というものの「無限の姿」ということと、師は説いています。

   桃蹊庵主 合掌
 

大和版のコラム最新6

徒然想  連載275

徒然想 連載275

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

2月5日号

徒然想  連載274

徒然想 連載274

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

1月1日号

徒然想  連載273

徒然想 連載273

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

12月11日号

徒然想  連載272

徒然想 連載272

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

10月30日号

徒然想  連載271

徒然想 連載271

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

10月9日号

徒然想(つれづれそう)

徒然想(つれづれそう)

連載 270花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

9月11日号

お葬式から樹木葬まで

地域で30年以上。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク