大和版 掲載号:2021年7月30日号 エリアトップへ

徒然想 連載281 花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

掲載号:2021年7月30日号

  • LINE
  • hatena

 八月の八日頃には、「立秋」になり暦の上では秋となるが、まだまだ暑い時期です。

 今月は、江月(こうげつ)照らし、松風吹く、永夜(えいや)の清宵(せいしょう)、何の為す所ぞ、です。

 出典は、中国、唐、永(よう)嘉玄覚(かげんかく)『証道歌(しょうどうか)』。

 意は、とらわれのない自由な悟りの境地は、実に江上の月の輝きにも似て、また松の枝を吹き抜ける風のように清らかだ。なすこともない安楽な生活は、秋の夜長の清爽にもたとえられよう。それをいったいどうしようというのか、ということです。

 師の証道歌は、当時、一般に流行していた歌曲の形式で、禅の深い悟りの境地を一般の人々の日常的表現をかりて、詠まれています。

 仏教でいう真理とは、会者定離・愛別離苦・諸行無常などで、心の安らぎを求めることです。その最も大切な真理を修行し、体得した如来(真理の体現者)の境地に達すると、自らが完成し、結果として他者への思いやりが生まれてくると諭しています。

 その境地は、江上の月を愛(め)で、涼しき松風を肌に感じ、秋の夜長の清爽さを楽しむものと同じ清々しい心境ですと、教えています。

   桃蹊庵主 合掌
 

大和版のコラム最新6

徒然想  連載290

徒然想 連載290

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

4月29日号

徒然想  連載289

徒然想 連載289

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

4月1日号

徒然想  連載288

徒然想 連載288

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

3月4日号

徒然想  連載287

徒然想 連載287

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

2月4日号

徒然想  連載286

徒然想 連載286

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

1月1日号

徒然想  連載285

徒然想 連載285

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

12月3日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook