大和版 掲載号:2021年8月27日号 エリアトップへ

県政報告 コロナ対策で予測モデル 公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

掲載号:2021年8月27日号

  • LINE
  • hatena

患者数などを推計

 神奈川県と県立保健福祉大学は、各種のデータを統合して新型コロナウイルス感染症の入院者数などを地域別に推計できる予測モデルを共同開発しました。

 これまでは、各種データが複数のシステムで個別に管理されており、分析の大きな障害になっていましたが、データを統合・集約し、分析を容易にする環境を整備しました。

 まずは今回、地域別の「療養者」「入院者」「重症者」を推計する「簡易モデル」を開発。今後、この「簡易モデル」に加えて、人流の動向やワクチンの接種状況を自由に変更することができるシミュレーションが可能となる「主要モデル」を8月中に開発し、新型コロナウイルス感染症対策に活用していく予定です。

 黒岩祐治知事は発表会見で「県民の皆様にとっては、科学的根拠に基づくメッセージとして重みが増してくる」としています。

本会議で提案

 公明党県議団は、今年6月の本会議の代表質問で、県の対策について「データに基づいた道筋が一向に示されず、精神論ばかりが繰り返されてきた」と指摘。「これまで蓄積してきた情報を分析し、将来予測や、感染しやすい状況を示しながら対応策を提示する、『証拠に基づく政策立案(EBPM)』の取組をすべき」と提案しました。

 これに対し、知事は「県では、『感染者情報分析EBPMプロジェクト』を立ち上げ、これまで蓄積してきた感染者情報等を分析して、証拠に基づく戦略的な新型コロナウイルス感染症対策の展開に繋げていきたい」と答弁していました。

 公明党県議団は今後も具体的提案を行うなど、新型コロナ対策に全力をあげていきます。

大和版の意見広告・議会報告最新6

大和市の教育行政について

9月市議会定例会一般質問より 活動報告

大和市の教育行政について

大和市議会議員 小倉隆夫

10月22日号

リトルベビーハンドブック

県政報告

リトルベビーハンドブック

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

10月1日号

とことん、こつこつ5年半。徹底して「草の根」活動!

意見広告

とことん、こつこつ5年半。徹底して「草の根」活動!

立憲民主党 衆議院神奈川13区 総支部長 太(ふとり)ひでし

9月24日号

コロナ対策で予測モデル

県政報告

コロナ対策で予測モデル

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

8月27日号

夜間中学、相模原市に来春設置

県政報告

夜間中学、相模原市に来春設置

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

7月30日号

障害者手帳、カード形式を導入へ10月から選択可能に

県政報告

障害者手帳、カード形式を導入へ10月から選択可能に

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

7月2日号

太ひでし事務所

大和市大和東3-7-11大和東共同ビル101号

https://futori.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook