大和版 掲載号:2021年10月29日号 エリアトップへ

徒然想 連載284 花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

掲載号:2021年10月29日号

  • LINE
  • hatena

 この季節の日暮れは日毎に早くなる。この様子を釣瓶(つるべ※)が井戸の中に素早く落ちるようだと例えて、「秋の日はつるべ落とし」と呼びます。

 11月は、後学畏(おそ)るべしといいて、学生(がくしょう)はかならずしも、先達なればということはなきなり、です。

 出典は、鎌倉、法然(ほうねん)『法然上人(しょうにん)行状絵図(ぎょうじょうえず)』です。

 意は「後輩の学者はあなどってはならない」という格言があるほどで、仏教を学ぶ者は必ずしも先輩だから優れているということはない、ということです。

 この行状絵図の第五巻の冒頭に「学問ははじめてみたつるは、きわめて大事なり、師の説を伝聞はやすきなり」とあります。先生の説を覚えてるのは容易い事かも知れませんが、これは単なる知識です。それよりも大事で大切なのは「はじめてみたつる」こと、つまり、独創的見解だと教えています。

 このことは、仏教の学問ばかりではありません。単なる知識として勉強するのと、はっきりとした問題意識をもって学ぶことでは大きな差がでてきます。そうした事になれば、先輩も後輩もなくなると、師は強く喩しているのです。

桃蹊庵主 合掌

※釣瓶とは、水を汲むために竿(さお)や縄の先につけて井戸の中におろす桶のこと。

大和版のコラム最新6

徒然想  連載284

徒然想 連載284

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

10月29日号

徒然想  連載283

徒然想 連載283

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

10月1日号

徒然想  連載282

徒然想 連載282

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

9月3日号

徒然想  連載281

徒然想 連載281

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

7月30日号

徒然想  連載280

徒然想 連載280

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

7月9日号

徒然想  連載279

徒然想 連載279

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

6月4日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook