神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2024年3月29日 エリアトップへ

「大和市肢体不自由児者父母の会」の会長を務める 下河辺 治美さん 福田在住 55歳

公開:2024年3月29日

  • X
  • LINE
  • hatena

皆の笑顔を願って

 ○…「歌とダンスで世界旅行」と題するイベントには劇団四季や宝塚歌劇団の出身者たちが出演を予定し、一流のエンターテインメントを披露する。「普段は鑑賞中に声を出すことはできませんが、この日は大丈夫。皆に最高の時間を楽しんでほしい」と呼びかける。そんな「出前公演」は心身に障がいのある人たちにとって貴重な機会。「皆が笑顔に」と願いながら、準備に奔走してきた。

 ○…横須賀市に生まれた。「幼い時から好奇心旺盛な性格だった」といい、小学生のころは剣道とそろばん、中学校では吹奏楽部でトロンボーンに夢中になった。進学した高校は新設校で1期生だった。今度はサッカー部のマネジャーに挑戦したが「部員は1年生のみ。上級生がいる他校にはなかなか勝てなかった」と、悔しくも裏方として献身的にチームを支えた日々を懐かしむ。

 ○…高校卒業後は保育の専門学校に学び、社会に出てからは知的障がいのある人たちが入所する施設で子どもや大人たちのサポートに携わった。28歳で結婚し、福田へ。重度の障がいがある子と夫、義母との生活が始まった。ほどなくして、知人の紹介で「市肢体不自由児者父母の会」へ。「悩みや課題を共有できる仲間がそばにいて、そのぬくもりを感じられることが本当にありがたかった」と振り返る。

 ○…現在は障がい児者のヘルパーとして働き、会長のほか、難病の子どもを支援する認定NPO法人にも携わる。「視力が低下しても眼鏡を使えば不自由のない毎日を過ごせる。同じように、障がいがあっても不自由のない楽しい日々を全員が過ごせる環境の整備を」。笑顔の奥にはそんな願いがある。今日も「皆が笑顔に」をモットーに、まい進する。

大和市で葬儀なら、地元「ふじみ式典」

地域顧客満足度NO.1店を目指す創業35年以上の葬儀社です。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版の人物風土記最新6

加藤 和也さん

4月1日付で大和市消防本部の消防長に着任した

加藤 和也さん

深見西在勤 59歳

4月12日

板庇(いたびさし) 一郎さん

昨年50周年を迎えた「宮下神輿会」の会長を務める

板庇(いたびさし) 一郎さん

深見在住 61歳

4月5日

下河辺 治美さん

「大和市肢体不自由児者父母の会」の会長を務める

下河辺 治美さん

福田在住 55歳

3月29日

明吉 美智子さん

「第19回大美展」を主催する大和美術協会で第5代会長を務める

明吉 美智子さん

上草柳在住 85歳

3月22日

清水 明義さん

一般財団法人東京マラソン財団主催のイベントでギネス記録を更新した

清水 明義さん

中央林間在住 69歳

3月15日

高橋 忠広さん

2月17日に開催された自治会セミナーで防災の実践事例の発表を行った

高橋 忠広さん

草柳在住 79歳

3月8日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook