海老名版 掲載号:2012年1月6日号
  • googleplus
  • LINE

小惑星に「Ebina」の名 海老名ゆかりのNPO法人が発見

「Ebina」の軌道
「Ebina」の軌道

 東柏ヶ谷に暮らす高橋典嗣さんが理事長を務めるNPO法人「日本スペースガード協会」が2000年に発見した小惑星に「Ebina」という名が付いた。

 小惑星「Ebina」は、直径5キロメートル、火星と木星の間に位置し、太陽の周りを3年5カ月かけて公転する。11年12月23日時点での地球からの距離は約2億3千万キロメートルだという。

 今回「Ebina」の命名が申請されたのは、同協会の高橋理事長が海老名に暮らしていることが縁で、講演会などを開催。さらに協会の活動とは別に00年から毎年、夏休み期間中に市内の小中学校生を対象に開講する「星の学校」には毎回30人から50人ほどの小中学生が参加し、夏の夜空に眼差しを送っている。

 また09年に同協会が開催した天体観測体験イベント「スペースガード探偵団」には、市内の小中学生3人が参加し3つの新しい天体を発見。小学生による新たな天体の発見は世界初の快挙となった。

 同協会は、海老名との関わりに加え、子どもたちが天文学へ熱心に取り組む姿、さらに海老名市が市制施行40周年を迎えたことから、昨年9月に国際天文学連合の小惑星命名委員会に小惑星の名称に関し「Ebina」の命名を申請。12月上旬に、正式に承認されたという。

 高橋理事長は本紙の取材に対し「今回の発見をきっかけに、より多くの海老名の子どもたちが宇宙への夢を膨らませて、科学に興味や関心を持ってくれたらうれしい。これからもいろいろな催しを開いていきたい」と話した。
 

海老名版のトップニュース最新6件

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク