海老名版 掲載号:2015年1月9日号 エリアトップへ

スギ花粉飛散予測 「例年並みかやや少なめ」 県自然環境保全センターが見通し

社会

掲載号:2015年1月9日号

  • LINE
  • hatena

 今春のスギ花粉飛散量について県自然環境保全センター(厚木市七沢)は「昨春と比べると増加するものの、例年並みか、やや少なくなる」との見通しを示した。

 スギは2月から4月にかけて花粉を多く飛散させる。花粉を飛散するのは雄花のみで、この着花量を調査することで花粉飛散を予測する取り組みを県は17年前から毎年実施している。

 今年度も11月に県内30カ所の測定ポイントで40本のスギを抽出し調査員が着花状況を判定。その平均値を調査地点ごとの着花点数としてまとめた。

 今回の平均値は37点で前年調査時の平均値24点は上回ったものの、過去17年間の平均値43・2点は下回った。この調査結果を受け、今春のスギ花粉の飛散についてセンターは「例年並みかやや少なめ」と見通しを示した。

 同センターによるとスギ雄花の着花形成は花粉が飛散する前年夏の気象条件との相関が高い。高温少雨で日照時間が多い時は、着花形成が促進され、雄花が多く着く傾向があるという。

 昨夏の気象(観測点=海老名)は7月の平均気温が平年の102%で、降水量は51%と少なく、日照時間は平年の119%。8月は平均気温が102%と平年並みで、降水量は43%と少なく、日照時間は102%と平年並みだった。7月の降水量と日照時間からすると雄花が多くなる条件が整っているが、気温が平年並みだったため、着花点数がやや低くなったと分析している。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

人口半数以上が登録

座間市公式LINE

人口半数以上が登録 社会

接種予約機能など奏功

5月27日号

人気コーンでポタージュ

人気コーンでポタージュ 経済

綾瀬ブランド、ロス削減

5月27日号

初の関東大会出場

海老名高校女子バレー部

初の関東大会出場 スポーツ

「存続危機」から3年で躍進

5月20日号

団員獲得、動画に託す

綾瀬市消防団

団員獲得、動画に託す 社会

“チーム消防”で局面打開へ

5月20日号

SDGsマルシェ初開催

海老名運動公園

SDGsマルシェ初開催 社会

「ロスフラワー」を販売

5月13日号

地域食堂を開設へ

綾瀬春日ロータリークラブ

地域食堂を開設へ 社会

6月から、毎月第2土曜に

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook