海老名版 掲載号:2015年5月22日号 エリアトップへ

研究重ねる「凧おじさん」 上郷在住 山崎昇さん

文化

掲載号:2015年5月22日号

  • LINE
  • hatena
「凧部屋」で作業する
「凧部屋」で作業する

 毎年、端午の節句が近づくと、空へ向かって高く昇っていく鯉のぼりが上郷に現れる。柱に括りつけられているわけではなく、風に乗って、穏やかに漂う鯉のぼりを揚げているのは、上郷に暮らす83歳の山崎昇さんだ。

 1本の糸に括り付けられた鯉たちは、なんと凧。「孫が初節句のときに買って、使わなくなった鯉のぼりを凧にして、この時期に揚げているんだ。毎年、楽しみにしてくれている人や、驚いて話しかけてくれる人がいる。それが何より嬉しいね」と白い歯を見せる。

 70歳のとき、相模川の河川敷で凧揚げをしている人たちを見かけ、興味を持った山崎さんはすぐに声を掛け、先輩に教えてもらいながら凧作りを始めた。「大勢でやっていたら競争心が出てきた」と、より高く、より空中で「ぴたっ」と止まる凧を追い求め、試行錯誤を重ねた。

 出来上がった凧の数はいつしか100を超え、多くの凧が連なる「連凧」や、蝉の形をした「蝉凧」など、種類も多岐に渡った。「凧はお祝いのときに揚げるもの」という観点から、2020年の東京オリンピック開催が決定した際には「東京オリンピック おめでとう」と書いたものを、富士山が世界遺産に決定した際には「世界遺産の富士山」と書いたものを作り、すぐに空に飛ばした。「物事はタイミングを逃さず、すかさず、手際よく。もう作ったの!とよく驚かれるんだよ」と嬉しそうに話す。

屋根裏で創意工夫

 天気予報のチェックは毎日欠かさない。天候と風が良い日は、午後から凧揚げに出掛ける。帰宅後は、自宅倉庫の屋根裏にある「凧部屋」で作業する。「どうしたらより高く飛ぶか、多くの人に喜んでもらえるかを創意工夫しながら作るのが楽しい。”柳に飛びつく蛙の努力”って言うでしょ。1つ教わったら、それを2や3にできるように頑張らないとね」。今後の目標は、鯉のぼりの連凧を、より垂直に飛ばせるようにすること。「前に、柱に括り付けられたように、急勾配に揚がった夢を見た。それ以来、どうしたらあのようにできるか考え続けている。叶うまではやめられないね」と語った。 

空高く揚がる鯉のぼり
空高く揚がる鯉のぼり

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

センターコートで熱戦

座間市

センターコートで熱戦 スポーツ

7月18日から中学生が市大会

7月31日号

輝いた、最後の夏

綾瀬市

輝いた、最後の夏 スポーツ

市教委会、校長会、地域が花道

7月31日号

「家族」描く作品募集

乳がん絵画コンクール

「家族」描く作品募集 社会

7月31日号

プロムナードを無償貸出

プロムナードを無償貸出 社会

「扇町青空てらす」

7月31日号

司令官と意見交換

新型コロナ

司令官と意見交換 政治

綾瀬市長と大和市長、厚木基地訪問

7月31日号

県内最高の評価

県内最高の評価 社会

海老名市HP

7月31日号

あっとほーむデスク

  • 7月31日0:00更新

  • 7月24日0:00更新

  • 7月17日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月31日号

お問い合わせ

外部リンク