海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2017年1月20日号 エリアトップへ

エンゼルあきちゃん 施設内に鉄道模型を設置 異世代交流の場にも

社会

掲載号:2017年1月20日号

  • LINE
  • hatena
夢中になって鉄道を見つめる施設利用者たち
夢中になって鉄道を見つめる施設利用者たち

 大谷北にあるデイサービス・エンゼルあきちゃん(鹿島正和理事長)の敷地内に、このほど鉄道模型の「エンゼル庭園鉄道」(総線路長約23m)が設置された。

 この鉄道模型を制作したのは、上郷在住の吉田富夫さん(74)。吉田さんは約40年前から鉄道模型とジオラマ作りに熱中し、現在は市内のギャラリーで展示会を開催するなど活動している。鉄道好きな鹿島理事長の「施設内に広がる池の周りに鉄道を走らせたい」という言葉がきっかけとなり、今回設置に至った。

 この鉄道を一目見ようと、現在は近隣の幼稚園児らも施設に出入りするようになっている。これを受け、鹿島理事長は「この鉄道模型がきっかけとなって赤ちゃんからお年寄りまで幅広い世代の人が集うことで、当施設が地域の方々の結びつきの場、異世代交流の場になれば」と話す。

 鉄道模型は施設スタッフに声を掛ければ誰でも見学できる。問合せはエンゼルあきちゃん【電話】046・233・4525へ。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

5日から一般質問

18人が登壇予定 座間市議会

5日から一般質問 政治

コロナ関連に通告集中

6月5日号

ネット販売PR素材を無償提供

公共施設が順次再開

公共施設が順次再開 社会

3市とも慎重姿勢

6月5日号

高校生に活躍の場を

高校生に活躍の場を スポーツ

高3保護者らが署名活動

6月5日号

ボーナスなど削減

ボーナスなど削減 政治

海老名市と綾瀬市

6月5日号

外出支援が再開

外出支援が再開 社会

6月8日から

6月5日号

あっとほーむデスク

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月5日号

お問い合わせ

外部リンク