海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2018年8月31日号 エリアトップへ

災害時はペットも一緒に 市、2つの新企画を主催

社会

掲載号:2018年8月31日号

  • LINE
  • hatena
「申込は先着順なのでお早めに」
「申込は先着順なのでお早めに」

 今や家族の一員となった”ペット”。市は今年の相模獣医師会との協定を皮切りに、災害時のペット対策に力を入れている。これに伴い、手始めに専門家を呼んだ2つの講演会と教室を初めて実施する。担当する市環境課は「飼い主の防災意識の向上が必須。日頃から知識をつけ備えをしてもらえれば」と話している。

 環境省が発表しているガイドラインによると、ペットと生き別れになることや野生化による人への危害防止の観点から、災害時のペット同行避難は「必要な措置」とされている。しかし、避難所では動物が苦手な人、アレルギーがある人などがいる場合があり、最大限のマナーや配慮が求められる。

 また、日常生活と大きく異なる避難所生活は、ペットにとっても多大なストレスになると予想される。避難に必要なグッズなどをあらかじめ準備しておくことや、普段からしつけや健康管理を行うことで、そのストレスを最小限にできる可能性もあるという。

 こうした中、今年5月には市は相模獣医師会と「災害時等における動物救護活動に関する協定」を締結。これには避難所の受け入れ体制の整備や、負傷動物の応急治療などが盛り込まれるなど、人間と動物の共生環境の向上に注力した。

災害時に役立てて

 これに加え、市民自らに災害時におけるペット対策を学んでもらおうと、市は今回2つの企画を実施する。対象者は海老名市在住・在勤・在学者で事前申込み各回先着50人。参加費は無料。

 1つ目は9月9日(日)に行われる「ペットの防災講演会」。場所は市役所で、時間は午前10時から。講師を務めるのは清川村に拠点を置く「(一社)清川しっぽ村運営委員会」。同法人は東日本大震災や熊本地震の被災地に出向き、所有するペット専用のシェルターで犬や猫を保護し、給餌や健康管理、飼い主への返還調整を行っている。当日はこれらの被災地のペットを取り巻く環境や、実際に起きたトラブルなどを通して、飼い主に求められる意識や防災グッズについて説明する。

 2つ目は、9月26日(水)午後2時〜と10月13日(土)午前10時〜に行われる「犬のしつけ教室」。場所は相模三川公園パークセンター。「散歩の時なぜこんなに引っ張るの?」「なぜこんなに吠えるの?」など、飼い主の悩みに応える。

 市環境課は「発災時は慌ててしまいペットをどうするか混乱しがちなので、家族で考えるきっかけとして、イベントに足を運んでもらえたら」と参加を呼びかけている。講演会もしつけ教室も犬同伴不可。

 申込み・問合せは市環境課【電話】046・235・4912へ。

地域の奉仕団体

タイへの介護用品寄贈やポリオ撲滅に力を入れています

http://www.ebina-rc.org/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

新たなイベント様式探る

新たなイベント様式探る 文化

10月31日に「あやせ復活!」

10月16日号

平野さんに正力松太郎賞

宗仲寺前住職

平野さんに正力松太郎賞 教育

幼児教育に長年尽力

10月16日号

あわや大惨事に

タウンレポート

あわや大惨事に 社会

94歳運転手、猛スピード横断

10月9日号

佐藤新市長が初登庁

座間市

佐藤新市長が初登庁 社会

コロナ対策「喫緊の課題」

10月9日号

「海老名サンド」で街おこし

「海老名サンド」で街おこし 社会

地域ブランド確立へ 有志が企画

10月2日号

延期の落成式挙行

綾瀬市商工会

延期の落成式挙行 経済

「経済界のシンボル、活用を」

10月2日号

地域で開業40年

テイクアウト用にお弁当や焼き餃子を販売中

http://5414.pr.arena.ne.jp/mn-id131/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク