海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2019年9月27日号 エリアトップへ

海老名市長選 氏家(うじけ)秀太(しゅうた)氏が立候補へ 「多選・無投票を阻止」

政治

掲載号:2019年9月27日号

  • LINE
  • hatena

 市内国分寺台在住で経営コンサルタント会社社長の氏家秀太氏(52)が、11月3日告示・10日投開票の海老名市長選挙に立候補する意向を示したことが9月19日の本紙取材で分かった。氏家氏は「市長選挙を無投票にしてはいけない。課題が山積している市政状況を、市民がしっかりと知り、考え、審判を下してもらいたい」と立候補の意向を示した理由を述べた。

 氏家氏は大谷小・杉久保小・大谷中学校出身。その後、成蹊大学を卒業し、経営コンサルタントとして民間企業やNPO法人を立ち上げたほか、地域活性や震災復興関連事業などにも取り組んだ。現在は市内国分寺台にある(株)中央経営研究所の代表取締役社長を務めるほか著述家でもある。

 本紙取材に対し氏家氏は「停滞している海老名市政の原因は市長の多選にある。中央図書館などの公共施設管理の見直しや、家庭系ごみの有料化撤廃など”しがらみ市政”を変えていく」と主張。10月に正式な記者会見を開く予定となっている。

 海老名市長選挙には、現職・内野優氏(63)が8月に5期目への意向を表明している。

 市役所で21日午前中に行われた市長選の立候補予定者事前説明会には、内野氏と氏家氏の2陣営が出席。この日は、選挙運動に関する注意事項や、立候補の手続き方法などについて市選挙管理委員会から説明された。

市議選は22陣営が出席

 また同日午後には22議席を争う市議選の立候補予定者説明会も行われ、現職15、元職1、新人6の22陣営が出席した。

 同説明会に参加しなくても立候補は可能。

     =9月24日起稿
 

市長選の事前説明会には2陣営が出席
市長選の事前説明会には2陣営が出席

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

5年ぶりに指定

綾瀬市指定文化財

5年ぶりに指定 文化

大法寺で発見の一塔両尊像

2月14日号

今年の文字は「祝輪」

座間市大凧まつり

今年の文字は「祝輪」 文化

200年続く伝統行事

2月14日号

事業継続に意欲

綾瀬市古塩市長

事業継続に意欲 政治

去就の明言は「3月に」

2月7日号

双方向で“フレイル”予防

座間市介護事業

双方向で“フレイル”予防 社会

3年で300人、じわり

2月7日号

重要文化財を守る訓練

市消防

重要文化財を守る訓練 社会

龍峰寺で市内初の実施

1月31日号

会員増強で初の日本一

海老名JC

会員増強で初の日本一 経済

前回2位の雪辱果たす

1月31日号

日本JCの組織拡大議長に

海老JC所属曽根氏

日本JCの組織拡大議長に 経済

海老名での実績認められ抜擢

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク