ホーム > 厚木版 > ローカルニュース > 指定管理者制度を導入

厚木

厚木中央公園地下駐車場

指定管理者制度を導入

Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
厚木市街地のほぼ中心に位置し多くの市民が利用
厚木市街地のほぼ中心に位置し多くの市民が利用

 この春から厚木市寿町にある厚木中央公園地下駐車場の施設管理者が変わる。

 これは平成18年4月から導入された効率的な運営と市民サービスの向上を目的とする『指定管理者制度』を活用したもので、昨年12月の市議会定例会で導入が可決された。

 選定委員会によって昨年9月から書類審査とヒアリング審査が行われ、応募4社のうちパーク二四(株)連合体(パーク二四(株)、太平ビルサービス(株)、アマノ(株)で構成)が選ばれた。

 選定理由としては駐車場管理の実績が豊富であり、利用者数増につながる具体的な内容がふんだんに盛り込まれている。市内企業への再委託や市内居住者の雇用に積極的である。施設周辺の地域性も充分考慮していることが高く評価された。

 4月1日から移行され、指定期間は、平成26年3月31日までの3年間。

 管理にあたり営業時間が、現状の午前7時から午後12時までを、午前5時から翌日午前1時まで延長。また料金体系の変更も予定しているが、これまで通り市役所利用者は無料。
 

関連記事

powered by weblio


厚木版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原