厚木版 掲載号:2012年8月31日号

昭和音大跡地 構想決まる

認知症専門病院やクリニックモール

市内関口の昭和音大厚木校舎
市内関口の昭和音大厚木校舎

 市内関口の昭和音楽大学厚木校舎跡地について、厚木市は23日、同大から利用方針が決定した旨の連絡があったことを発表した。

 2007年の川崎市麻生区への移転以降、その後の土地利用が決まっていなかった同大跡地。発表によれば、校舎部分約1・2ヘクタール内の建物は解体し、認知症患者専門の病院、複数の診療所が入ったクリニックモール、サービス付き高齢者向け住宅、戸建住宅となる予定。

 このうち、病院は鉄骨造の4階建てで、1570坪。他の建物に関してはまだ構想段階だという。

病院は14年春に開設予定

 同大は8月17日に事業者との売買契約を締結。21日の理事会で正式決定され、今週には建物の解体工事が開始。来年1月以降に病院建設工事に着手し、2014年春には開設する予定になっている。

 市によれば、病院を設置するのは市外の医療法人。今秋にも病院の内容やスケジュール等の発表が同法人からあるという。

 また、隣接する図書館は同大がオペラミュージアムとする予定。こちらの土地面積は1149平方メートル。

 厚木校舎は昭和音楽短期大学(当時)が開学した1969年、旧依知小学校跡地に建設された。移転後の利用に関しては、地元である依知北地区・依知南地区ともに学校関係施設を求める声が、昨年行われた自治会長と市長とのまちづくりフリートークの中でも交わされた。市としても教育・文化的な施設など、地域にふさわしい利用を大学側に要望し、同大も教育施設や医療・福祉施設などの誘致を進めていた。
 

跡地(校舎部分)の利用構想図
跡地(校舎部分)の利用構想図

厚木版のローカルニュース最新6件

医療事務急募!

海老名総合病院、東海大学医学部付属病院で募集

https://www.nichiigakkan.co.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク