厚木版 掲載号:2012年12月21日号
  • googleplus
  • LINE

2013年の成人式「はたちのつどい」の実行委員長を務める 菊地 浩さん 船子在住 19歳

十代最後 だから挑戦

 ○…厚木市で恒例の成人式。来年の開催日は1月14日、2392人が晴れの日を迎える。公募などで集まった新成人で運営する実行委員会で、委員長を務める。生徒会長など今までリーダー経験はなかったが「十代最後。どうせだったら何かやろうと立候補した」と、口数は少ないが内に秘めた熱意がにじむ。

 ○…実行委員7人で決めた今回のテーマは、「挑戦〜わたしが未来にできること〜」。社会でプラス1の力になりたい―、そんな想いが込められている。特に意識しているのは、厚木市外の中学校に進学した人も楽しめる場にすること。「恒例の内容以外にも、みんなで楽しめる企画を準備している。多くの人に集まって欲しい」と目を輝かせる。

 ○…「文字が生まれる前の世界が好き」と、地球誕生時や恐竜のいた時代に興味を持つ。化石などから当時の様子を想像するのが楽しいとクールな表情は一変、笑顔になる。将来の夢は作曲家。考古学の道も考えたが、音楽三昧の高校生活を送る中で曲づくりに興味を持った。音楽系専門学校に進学し、パソコンで楽曲制作するデスクトップミュージックを学んでいる。音楽の魅力について水を向けると「音楽は芸術。良い悪いはなく、答えがない。だから良いと思ったものを追求していくのが面白い」と饒舌に。考古学とも共通する想いだ。ゲームやアニメなど、非現実の世界に合った曲を生み出していきたいと張り切る。

 ○…誕生日は式から5日後の1月19日。「大人になると、いろいろな制限がなくなる。自分で物事の分別をつけなければ」と姿勢を正す。理想は自分の行動に責任を持てる大人。マイナスなことに遭遇しても自分の力で解決したいと前を見据える。名前は「浩」と書いてユタカと読む。大抵ヒロシと間違えられる、と苦笑する。成人式の準備も最終段階。慌ただしくなるが、ユタカな発想と穏やかな性格で、委員の潤滑油になる。
 

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版の人物風土記最新6件

亀山 珠樹さん

さつき病児保育室の実施法人(株)LIFE DOORの代表取締役を務める

亀山 珠樹さん

2月16日号

臼井 スミ子さん

公民館や夢未市などでみそ作りの講師を務める

臼井 スミ子さん

2月9日号

内田 正晴さん

県スポーツ優秀選手表彰を受けた、林中学校男子団体形競技チームの監督を務める

内田 正晴さん

2月2日号

植森 貴政さん

県優良工場表彰を受けた(株)コスモテックスの代表取締役

植森 貴政さん

1月26日号

森 義信さん

救急車の適正利用や民間救急サービスの普及に尽力している

森 義信さん

1月19日号

田中 俊太さん

プロ野球・読売ジャイアンツに入団した

田中 俊太さん

1月12日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク