厚木版 掲載号:2013年1月25日号
  • googleplus
  • LINE

粗大ごみの料金改定へ 4月から条例改正

 2014年度までのごみ資源化率35%(ミッション35)を目標にしている厚木市。ごみの減量化・資源化を進めようと、4月から「厚木市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例」が改正される。

 改正内容で特徴的なのが、粗大ごみの手数料改定。環境センターへ持ち込み時の手数料が、従来の100円から300円に値上げされる。また、一定の大きさを超えるたんす、食器棚、サイドボードなどを「特定粗大ごみ」として新たに分類。戸別収集の場合手数料1000円がかかる。

 この他、市民・事業者・行政それぞれのごみ減量化・資源化推進への役割を明確化した。

 市民については、世帯ごとに指定されたごみ集積所へのごみ排出が明文化された。これにより、通りすがりの人や車の不法投棄に対し、集積所を管理する自治会などが指導を行うことができるようになる。

 また、事業者に対してもごみの減量化・資源化を強化。これまで毎月10トンを超える業者に対して行っていた「多量排出事業者」指定の基準を、月3トンの排出へと変更。これにより約10社だった指定社数が、80社ほどへ拡大する見込み。

同事業者に指定されると、廃棄物減量等計画書を市に提出することが義務づけられる。

資源化率は横ばい

 厚木市によれば、2011年度のごみ資源化率は25%。前年度と同水準となっている。昨年度のごみ総排出量約7万7000トンのうち、家庭内からのごみは約5万7000トン。「ミッション35」の目標となる資源化率35%を達成するには市民・事業者・市の更なる努力が必要となる。

 市環境総務課によれば、最近増えているのが手つかずの食品ごみ。「冷蔵庫等内に忘れられていたと思われるものが多い」と同課。

 ごみの総排出量が減ることは資源化率の向上にもつながる。より一層、身近なところでの努力が必要となりそうだ。
 

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク