厚木版 掲載号:2013年1月25日号
  • googleplus
  • LINE

玉川小出身のソプラノ歌手として、開校を記念したリサイタルを開いた 中山 明美さん 声楽家 38歳

声で心を響かせて

 ○…母校の玉川小で1月21日、開校121周年の記念リサイタルを開いた。ソプラノの独唱や、全校児童201人とともに校歌を斉唱し児童と触れ合った。「声は世界にひとつしかないもの。全てが美しいですね。声楽はマイクを通さないのでありのままを出すことができます。人と人とがひとつにつながれるところが魅力」だと話す。「決して一方通行ではなく100%でぶつかれば、聴いてくれた人の心に必ず響きます。身体は楽器。中を見ることができないのも面白い」とも。

 ○…活動の拠点はパリ。公的機関「コンセルバトワール」で教鞭を執り、3月と5月にフランスでコンサートを開く。舞台の袖では緊張の連続だが、前の出演者には「よろしくね」と声をかけ、手をたたき応援して送り出す快活で明るい性格。周りからは「変わっている」と言われ苦笑するが、舞台が始まると「みんなでひとつのものを作り上げよう」とスイッチオン。

 ○…声楽へのきっかけは高校の球技大会でバレーボールをやっていたときに、「声があまりにも通っていたので、歌をやってみたら」と先生の思わぬ一言から。声楽を通して伝えていきたいことは、「人間の身体の可能性」。後進の指導にあたるときは、「自分が持っている声を引き出してあげたい」と力強い。音楽には言葉以上に人をつなげる力が宿っているという。「フランスで教えているとき、得た感動を日本にいる人にも伝えることができたらなぁ…」とポツリ。故郷が恋しくなることもあるそう。

 ○…七沢生まれ。国立音楽大学在学中に渡仏。同大学大学院を修了し、フランス国立パリ高等音楽院声楽コースに入学。昨年、厚木市で開かれた「第九」コンサートに初めて参加した。両親からは地元で歌えて良かったねと声をかけられ、感慨深かったと振り返る。趣味は「走ること」。2011年にフルマラソンに挑み完走した。夫と娘の3人家族。フランス・パリ在住。
 

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版の人物風土記最新6件

亀山 珠樹さん

さつき病児保育室の実施法人(株)LIFE DOORの代表取締役を務める

亀山 珠樹さん

2月16日号

臼井 スミ子さん

公民館や夢未市などでみそ作りの講師を務める

臼井 スミ子さん

2月9日号

内田 正晴さん

県スポーツ優秀選手表彰を受けた、林中学校男子団体形競技チームの監督を務める

内田 正晴さん

2月2日号

植森 貴政さん

県優良工場表彰を受けた(株)コスモテックスの代表取締役

植森 貴政さん

1月26日号

森 義信さん

救急車の適正利用や民間救急サービスの普及に尽力している

森 義信さん

1月19日号

田中 俊太さん

プロ野球・読売ジャイアンツに入団した

田中 俊太さん

1月12日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク