厚木版 掲載号:2017年9月15日号
  • googleplus
  • LINE

あつぎミュージックフェスティバルで大賞を受賞した 野村 翔一郎さん 音楽スタジオSEAL店長 24歳

目標はメジャーデビュー

 ○…「絶対獲ってやる」。強気で臨んだ二次審査。言葉通りの結果に「嬉しい反面これからが大事。新たな一歩を踏み出せた」と、めざす先は高みにある。昨年初出場で、実行委員会特別賞を受賞するも、大賞を受賞したのは友人。「悔しかった」。二次審査で披露した『VOICE』は、女性目線で遠距離恋愛を歌ったポップスで、友人の話をもとに作った新曲だ。「完成したのが4日前。練習期間が短かったので緊張した」というが、ありったけの想いを乗せ、会場に力強く伸びやかな声を響かせた。

 ○…岡山県井原市出身で、高校までを過ごした。中学2年のころから芸能人を夢見るように。1年後には、祖父のアコースティックギターを引っ張りだし、公園で弾き語りを始めた。高校生になるとバンドを結成。ギターとヴォーカルを務め、パンクロックなどを演奏するように。進学せず「上京したい」と両親に訴えるも反対され、父親の母校である神奈川工科大学への進学を決めた。

 ○…20歳ごろから本格的にライブ活動をスタートさせ、都内のライブハウスや路上ライブで腕を磨いた。その後、ヴォーカルや作詞作曲の技術を学ぶため、音楽スクールへ入学。作詞は、「体験よりもドラマや映画を参考に作ることが多い」という。作曲では、弾いているギター音をくり返し、新たに音を重ねていくルーパーというエフェクターを使い、その場で音を作る技法を取り入れている。「自分の色を出していきたい」。

 ○…現在は中町の音楽スタジオSEALで店長として働く。仕事も私生活も音楽漬けの日々だ。「とにかくメジャーデビューが目標」と力強く語る。「メディアに出ることで、より多くの人に”自分の歌”を伝えたい」。来年にはワンマンライブも企画し、気合が入る。子どものころから”目立ちたがり屋”だったという青年がスポットライトを浴びる日は、きっとそう遠くないだろう。東町在住。

厚木版の人物風土記最新6件

真田 幸太さん

湘南ベルマーレユース出身のゴールキーパーで今シーズンからトップチームに昇格した

真田 幸太さん

2月23日号

亀山 珠樹さん

さつき病児保育室の実施法人(株)LIFE DOORの代表取締役を務める

亀山 珠樹さん

2月16日号

臼井 スミ子さん

公民館や夢未市などでみそ作りの講師を務める

臼井 スミ子さん

2月9日号

内田 正晴さん

県スポーツ優秀選手表彰を受けた、林中学校男子団体形競技チームの監督を務める

内田 正晴さん

2月2日号

植森 貴政さん

県優良工場表彰を受けた(株)コスモテックスの代表取締役

植森 貴政さん

1月26日号

森 義信さん

救急車の適正利用や民間救急サービスの普及に尽力している

森 義信さん

1月19日号

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ミツマタ香るハイキング

ミツマタ香るハイキング

ガイド協会が案内

3月14日~3月14日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク