厚木版 掲載号:2018年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

プロ野球・読売ジャイアンツに入団した 田中 俊太さん 下依知出身 24歳

プロの世界へ いざ出陣

 ○…昨年10月に行われたプロ野球ドラフト会議で、読売ジャイアンツからドラフト5位指名を受けた。「ドラフトは何があるかわからない」。大学時もプロ志望届を提出したが、指名がなく涙をのんだ。「指名がきたときはホッとした。巨人は伝統も強さもあるチームで、小さいころからテレビで見ていた身近な球団。信じられない気持ち」。指名を受け、不安が安堵に。白い歯がこぼれた。

 ○…5人兄妹の4番目として誕生。父親と2人の兄の影響で、小4から硬式野球を始める。その頃から夢は「プロ野球選手」。依知南小、依知中と進み、高校は名門・東海大相模へ。2年の夏には33年ぶりの甲子園出場を果たしたが、最後の夏は宿敵・横浜高校に5回戦で敗退。「3年時、一度も勝てなかった」と悔しさを忘れない。卒業後は東海大学へ。野球部ではキャプテンも務め、80人以上の部員をまとめる大変さを学んだ。野球はホームランを打つ、打者を抑えるなどわかりやすい活躍が目立つが、「見えないところで勝利に貢献している人もいる。チームプレーが大事」。

 ○…大学卒業後は、日立製作所に入社し、社会人野球で活躍。一昨年のルーキーイヤーには、都市対抗野球で新人賞にあたる若獅子賞を獲得、社会人野球ベストナインにも選ばれた。「プロのすぐ下のステージでの受賞なので、嬉しかったし自信につながった」と話す。

 ○…背番号は、広島東洋カープで活躍する兄・広輔選手が1年目につけていた「63」に決まった。「まだ同じ舞台に立てていないので、プレッシャーはない。自分がやるべきことをしっかりやれば大丈夫」。小さいころから父親に「私生活が野球に出る」と叩き込まれた。心に留める言葉は、リンカーンの名言「意志あるところに道は開ける」。現在巨人のセカンドは不定の状態。「即戦力となれるよう、合同自主トレでしっかり身体をつくりたい」。178cm、80kg、内野手、右投左打。

厚木版の人物風土記最新6件

島崎 菜穂子さん

9月27日にオープンする「暮らしの保健室あつぎ」の室長を務める

島崎 菜穂子さん

9月14日号

猪熊 正美さん

あつぎ起業スクールの講師として第1回から市民の起業を支えている

猪熊 正美さん

9月7日号

渡辺 絢乃さん

結成10周年記念コンサートを開く女声合唱団・ヒーリングフレンズの代表を務める

渡辺 絢乃さん

8月31日号

内村 陽介さん

8月25日に開催される第4回国際介護ロボット博覧会の実行委員長を務める

内村 陽介さん

8月24日号

松隈(まつくま) 豊さん

8月11日の「かながわ山の日」イベントを主催する

松隈(まつくま) 豊さん

8月10日号

横内 謙介さん

あつぎ文化芸術特別大使として市内の文化振興に尽力する

横内 謙介さん

7月13日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

盤上の静かなる戦い

盤上の静かなる戦い

囲碁将棋大会の参加者募集

9月30日~9月30日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク