厚木版 掲載号:2018年3月23日号
  • LINE
  • hatena

「ぼく、タネじゃが君!」 手作りマスコットの広報役

文化

 東町郵便局交差点そばで信号を待つ間、ふと目に入ったまん丸の人形。色とりどりの毛糸のボールの正体は、岩崎種苗(株)(厚木町5の11)に勤務する須澤幸子さん=写真=お手製の「タネじゃが君」。3年ほど前から、春先に種ジャガイモが入荷すると店頭に吊るし、道行く人にPRしている。

 もともと編み物や縫い物などの手芸が好きだった須澤さん。8年前の入社以来、トイレットペーパーの芯を使ったサンタクロースの人形などで店先を飾ってきた。

 タネじゃが君は、家族の帰りを待ちながら、手が空いた時間を使ってコツコツ作成。「もらった人が笑顔になるのがうれしくて」希望者には無料で配布してきた。”孫にあげたい”という人や、通学時に人形を見かけ、週末に親ともらいに来る小学生など、これまでに約200個が人の手に渡った。種ジャガイモの販売が終了するまではストックを用意しているそう。

 大型連休が明ける頃には、きゅうりにトマト、なすの人形がスタンバイする。

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月18日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク