厚木版 掲載号:2018年5月4日号
  • googleplus
  • LINE

「サヨナラ」の前に 12日 厚木保育所お別れの集い

教育

今は人の気配のない園
今は人の気配のない園
 厚木保育所(中町1の3の3)が3月31日に閉園した。同園が取り壊される前に、卒園児や保護者、近隣住民などを対象に5月12日(土)、お別れの集いとして一般開放する。時間は午前10時から午後3時。

 当日は、7人の歴代所長からのメッセージを掲示。また来場者による「ありがとうメッセージ」ウォールを作成する。ウォールは後日、ホームページで公開され、他にも企画が進められている。担当の市保育課では「以前働いていた保育士さんも多数来園予定です。ぜひご参加ください」と呼び掛けている。

 同園は1950(昭和25)年に開園し、約2300人の子どもが巣立っていった。民営化に伴い閉園し、卒園前の児童はふじの花保育園(旭町2の4の15)に移行した。6月以降入札され、取り壊し日などが決定する。

 問合せは市保育課【電話】046・225・2231へ。

昭和から平成まで

 96年から2003年度の最長7年間、所長を務めた渋谷清乃さん(74)も、当日参加予定という。「街中であれだけの広い園庭を持ち、歴史ある園がなくなるのは残念」と話す。所長となり最初の卒園生が「自分も保育士を目指すと、写真を入れて手紙をくれたの。宝物よ」と感慨深げ。「設立当初の卒園生はきっと私と同い年くらい。世代を超えて集まって、交流ができたら」と話した。

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

アートにどっぷり

アートにどっぷり

13日(土)まで県美術展巡回展

10月3日~10月13日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク