厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年5月25日号 エリアトップへ

ZOOM UP 「 自分と相手、守る命が2つ」 介護体験を全国で講演する 羽成幸子(はなりさちこ)さん(69)

社会

掲載号:2018年5月25日号

  • LINE
  • hatena
講演の相棒である「お姑のキクさん」。腹話術をつかって体験談を紹介する
講演の相棒である「お姑のキクさん」。腹話術をつかって体験談を紹介する

 ▽「介護は自分の老いのリハーサル」「老いた体を自分の精神でいじめない」「曖昧さには愛がない」など次々に飛び出す金言の数々。祖父母、父母、姑の介護体験を、「お姑のキクさん」とともに腹話術を交えて、講演をする羽成幸子さん(毛利台在住)。講演活動は今年で25年目を迎えた。

 ▽19歳で父が入院。母が看護する中で、祖母とともに祖父の介護を手伝い始めた。それから49歳まで、5人の介護に努めた。小学校のPTA役員の時に、介護体験を話してほしいと頼まれたのが、講演活動のきっかけ。「私の話は介護される人のためではなく、介護する人のための話」。そんな話を聞きたくて、今でも全国から講演の依頼が絶えない。

 ▽介護で大事なのは、その人の人生を受け入れること。そのため「やり方は幾通りもある」と話す。そして、何よりも自分が元気でいることが大事、と説く。「自分が潰れちゃいけない。自分と相手、守る命が2つあるから、介護は究極の修行ね」と語る。だから、介護が終わった人には「100%やったね。これからは自分の人生を楽しんで。それが送った人への最高の供養よ」と声をかけて労うそう。

 ▽やりたいことは、ためらわずやるのが羽成流。「私は介護のために生まれたわけじゃないから」とにっこり。「好きなことをしていれば、介護する人を恨まずに済むの」。現在は、糖尿病の夫を支えながら、2人の孫の世話も。その合間を使って、通信制大学で哲学を学ぶのが至福の時だ。「知らないことを知るのが楽しくて」。最後に、今まさに介護を頑張っている人にメッセージをもらった。「介護は頑張っちゃダメ。長く続かなくなっちゃうから。自分を大事にしてほしい」。『介護の達人』(文春文庫)など著書も多数。エッセイストとしても活躍中だ。

宝安寺 樹木葬墓地 新区画

1区画(3霊)33万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

和菓子職人が突撃取材

タウンレポート

和菓子職人が突撃取材 社会

愛川ブランド紹介動画が好評

9月17日号

ATGサイレン灯

彼岸に紅白の共演

常昌院

彼岸に紅白の共演 社会

厚木市棚沢

9月17日号

5連勝で暫定首位

はやぶさイレブン

5連勝で暫定首位 スポーツ

次戦は宣言明けを予定

9月17日号

身近な「むにゅーん」募集

身近な「むにゅーん」募集 文化

市民参加型展示会に向け

9月17日号

JTがクリーン活動

JTがクリーン活動 社会

5日連続でゴミ拾い

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook