厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年6月8日号 エリアトップへ

ZOOM UP "ペン"を持ち視点変える お母さん業界新聞あつぎ版を発行する曽我幸恵(さちえ)さん(36)

社会

掲載号:2018年6月8日号

  • LINE
  • hatena
子育てとお母さん記者としての二足の草鞋を履く
子育てとお母さん記者としての二足の草鞋を履く

 ▽B4サイズの新聞の両面いっぱいに書かれた文字。そこには一人の母として伝えたい想いが詰まっている。2年ほど前、お母さん業界新聞の存在を知り、お母さん大学に入学。大学と言えど建物があるわけではなく、「キャンパスは家庭で、先生は子ども」と定義を話す。「まず“ペン”を持つことを教わりました。ペンを持ちひたすら子どもを観察するんです」。ペンを持つことで、自身や子を客観視できるようになったという。

 ▽茨城県水戸市出身。小学生のころから毎日日記を書くことが習慣だった。大学では法学を学び、帝国データバンクへ就職。その後、コンサルへ転職したものの体調を崩し、水戸へ戻った。結婚を機に仕事を辞め厚木へ。すぐに子宝に恵まれ出産。現在、3歳の“おてんば娘”と日々格闘中だ。

 ▽今年1月、念願の「月刊お母さん業界新聞あつぎ版」を発行した。「子育ては孤独になりやすい。新聞を通して、誰か一人でもホッとしてくれたら」と思いを込める。新聞のほかにも、お母さん大学WEBキャンパス内のブログで、日ごろの子育てを発信中。「新聞やブログは我が子への贈り物」とやさしい笑顔でほほ笑む。

 ▽あつぎ版は、月に1回月初に500部発行。発行前には「折々おしゃべり会」を開催し、子育ての悩みなどを話しながら、新聞を折っている。「お母さんだけでなく、地域のいろんな世代をつなぐ新聞をめざしたい」と夢は広がる。子育てとお母さん記者、二足の草鞋を履く曽我さんの挑戦は、まだ始まったばかり。

※配架先/子育て支援センターもみじの手、各児童館、保育所など
 

折々おしゃべり会の様子
折々おしゃべり会の様子

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

冬の番組スタート

プラネタリウム

冬の番組スタート 文化

12月13日号

役場前に交通安全の灯

マスコットキャラ決定

愛甲商工会青年部

マスコットキャラ決定 社会

浅野心絆さん「ビバ課長」

12月13日号

野球部員が裏方を初体験

厚木高校

野球部員が裏方を初体験 スポーツ

少年野球大会を準備・運営

12月13日号

「厚木の花」魅力を知って

市園芸協会花き温室部会

「厚木の花」魅力を知って 社会

厚木小にポット花を寄贈

12月13日号

出展写真を募集

ふるさと愛川写真展

出展写真を募集 文化

12月27日まで

12月13日号

森の里でクリスマス

森の里でクリスマス 文化

21日 若宮公園野外ステージ

12月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク