厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年6月29日号 エリアトップへ

厚木リコーダー・オーケストラの代表を務める 谷口 晃さん 船子在住 75歳

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • hatena

自分色に奏でる人生

 ○…木製のリコーダーは温度や湿度により音が変わるため、演奏前に懐に入れて温めるのだそう。さすがに背丈ほどのコントラバス・リコーダーを抱くわけにはいかないが、2年ぶりのコンサートに胸を熱くして、あす仲間とともにステージに立つ。

 ○…父が嗜んでいたマンドリン、大学時代にダンスパーティ会場で女子学生と一緒に演奏したフルート、退職後に始めて現在7本を所有するリコーダー。いつの時も、音楽が人生の傍らにあった。

 ○…戦禍と災害に追われた幼少期。名古屋の生家を空襲で失い、父の実家に疎開。そこで福井地震に見舞われた。「西の空が真っ赤に燃えていたのが、目に焼きついてね」。器用な父が釣ってきたナマズやフナが食卓に上り、自身も畑仕事を手伝った。「食べるには困らなかったけど、おいしいものはなかったなぁ」。それでも父が集めたレコードを蓄音機で聴き、本棚に並ぶ外国文学の名作に胸をときめかせ、家庭には文化の香りがあふれていた。

 ○…大学進学を機に始めた群馬での下宿生活や、選択の余地がなく反発を受けた家族同伴のアメリカ赴任など、「引っ込み思案だった」性格を、新しい環境に飛び込むことで克服してきた。アンリツ株式会社に在職中、工学博士の学位を取得。59歳で退職し研究を完遂させた、芯の強さを持つ。

 ○…音楽以外の楽しみは写真。「美しい風景写真100人展」や「秋山庄太郎『花』写真コンテスト」など、名だたるコンテストで受賞経験を持つ。「色の深みが美しく、本物に近い状態で撮れるから」フィルムカメラが相棒だ。愛車に機材を積み、時には妻と一緒に全国各地に撮影に行く。お気に入りは玉川から見る夕焼け。コンサートが無事に終わったら、お手製のピクルスと焼酎で一杯、といくのだろうか。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

佐々木 安雄さん

緑ケ丘公民館50周年の記念事業実行委員長を務めた

佐々木 安雄さん

厚木市王子在住 80歳

1月21日号

伊藤 真弓さん

NPO法人ライラック心の会の理事長を務める

伊藤 真弓さん

愛川町中津在住 53歳

1月14日号

小島 圭太さん

1月1日付けで、(公社)厚木青年会議所第54代理事長に就任した

小島 圭太さん

厚木市元町在住 39歳

1月7日号

深津 彰詞さん

清川村に拠点を移した(一社)しっぽ村の代表理事を務める

深津 彰詞さん

厚木市林在住 45歳

12月17日号

のむら うこさん

最新作で第6回絵本出版賞・審査員特別賞を受賞した絵本作家

のむら うこさん

厚木市毛利台在住 45歳

12月10日号

福島 和幸さん

厚木神社での骨董市を主催する

福島 和幸さん

厚木市妻田西在住 66歳

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 新政あつぎ

    意見広告

    新政あつぎ

    無所属 厚木市議会会派

    1月14日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook