厚木版 掲載号:2018年7月13日号
  • LINE
  • はてぶ

バドミントン 10人で心を1つに NP神奈川 女子団体

スポーツ

全国に挑む女子団体チーム
全国に挑む女子団体チーム

 厚木市を拠点に活動する、ジュニアバドミントンチームのNP神奈川(二村直樹監督)の女子団体チームが7月27日(金)から京都府で行われる「第34回若葉カップ全国小学生バドミントン大会」に出場する。

 同大会は、小学生によるクラブチームの日本一を決める大会。女子団体が全国へ出場するのは、5年ぶり3回目で、過去の最高戦績はベスト8。男子団体では全国優勝の経験もあり、二村監督は「女子としては、6年前のベスト8を超える成績をめざしたい。全国はどこも強いので、総合力を高めていかないといけない」と話す。

 5月に行われた県予選では、全4試合を10人の総合力で勝ち上がり、優勝した。出場したのは、大附美翔(みか)さん(毛利台小【6】)、劉(りゅう)涵(かん)セイ(せい)さん(横浜市立帷子小【6】)、福山純(すみ)加(か)さん(厚木小【6】)、江頭柚風(ゆうか)さん(鳶尾小【5】)、野村怜菜さん(川崎市立西野川小【5】)、鈴木美羽(みう)さん(緑ヶ丘小【5】)、田口美(み)羽(はね)さん(藤沢市立中里小【4】)、浜崎莉愛(れな)さん(海老名市立社家小【4】)、松岡和(なごみ)さん(藤沢市立石川小【4】)、星野結衣さん(愛甲小【3】)。主将の大附さんは「負けるかなと思った試合もあったけど、いっぱい練習した成果をみんなで出せた。嬉しかった」と県制覇を振り返る。

 チームは全国へ向けて、週5日の全体練習と個人練習で、更なるレベルアップを図っている。「仲間の力を信じて、みんなで心を1つにして優勝したい」と、チーム一丸となって臨む。
 

男子13人、女子20人で普段は厚木小で練習している
男子13人、女子20人で普段は厚木小で練習している

厚木版のローカルニュース最新6件

親子ヨガであふれる幸せ

キラリ光るママを紹介

親子ヨガであふれる幸せ

11月16日号

”心に栄養”子育て楽しんで

「知りたい」に応える、声の情報

最優秀賞に柏木さん(睦合中3年)

文化財保護ポスター事業

最優秀賞に柏木さん(睦合中3年)

11月16日号

現在に舞う獅子

現在に舞う獅子

11月16日号

「科学部」厚木で始動

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク