厚木版 掲載号:2018年7月13日号
  • LINE
  • はてぶ

(PR)

骨粗鬆症の早期発見を-骨密度検診が始まります- 厚木医師会担当理事 峯崎孝俊

自覚症状がないため「検診が重要」と話す峯崎理事
自覚症状がないため「検診が重要」と話す峯崎理事
 骨粗鬆症は骨の強度が低下してくる(骨がスカスカになる)病気で、自覚症状のないことが多く、知らないうちに進行したり、骨折を起こして初めて骨粗鬆症を指摘される方がほとんどです。骨粗鬆症に伴う骨折は要介護・要支援の原因の一つで、寝たきりになる危険も高いため、予防や早期発見・早期治療が重要です。女性ホルモンとの関連が強く、女性では40歳代からその兆候は現れ始めます。「若いから大丈夫」などと思わずに、対象となる方は、この機会にぜひ検診を受けてください。

7月17日から

 厚木市では今年度から、骨粗鬆症集団検診に加え、病院でも骨密度検診を受けられるようになりました。対象者は厚木市内在住の女性で、今年度40歳、45歳、50歳、55歳、60歳、65歳、70歳になる方です=表参照。費用は1500円です。X線で左手を撮影して測定します。実施期間は、平成30年7月17日(火)から平成31年2月15日(金)までです。厚木市健康づくり課へ電話でお申込みください(【電話】046・225・2201)。

 申込み後に、受診券と個人記録表が送られてきますので、これを記入して、受診券とともに同封された検診実施医療機関リストに書かれている医療機関を受診してください。

 いつまでも生き生きと元気で暮らしていけるように、骨の健康診断を受けましょう。

一般社団法人 厚木医師会

厚木市厚木町6-1

TEL:046-222-1259

http://atsugi-ishikai.or.jp/

厚木版のピックアップ(PR)最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク