厚木版 掲載号:2018年11月9日号
  • LINE
  • hatena

ZOOM UP ルーツを武器にお笑い界の頂へ インド産・厚木発の芸人 ジックサン・オーガスティンさん(22)

文化

ステージではターバンとインドの民族衣装がトレードマークだが、「本当はスーツにスタンドマイクの『漫才王道スタイル』に憧れる」
ステージではターバンとインドの民族衣装がトレードマークだが、「本当はスーツにスタンドマイクの『漫才王道スタイル』に憧れる」

 ▽「ナマステ―」。はいりは「どーもー」ではない。インドと日本のハーフという自身のルーツを武器に「インドボケ」で笑いをとる。厚木発・松竹芸能所属のお笑いコンビ「ジックと国定(くにさだ)」のボケ担当として、新宿の角座などでライブを行う。

 ▽インド生まれ。父が水引のインド料理店「ボンベイ」を任され、小学4年生の時に家族で日本へ。インドと日本で歳の数え方が違うらしく、「5年を飛ばして厚木小6年生になりました」。来日して観たテレビに「なんだ、この華やかで面白い世界は」と衝撃を受けた。厚木中を経て高校の卒業を目前に進路が定まらない中、友人に誘われて松竹芸能の養成所へ。友人も、同期も辞めていくなか1年通い、事務所所属をかけた狭き門、卒業ライブで合格した。

 ▽日本に来た時、みんなが何を言っているかは理解できたが、日本語で返すことができず「無口な子だった」と振り返る。「ここでこんな事を言ったら面白いのに」なんて考えながら、日が経つにつれ慣れてくると、ふとしたタイミングで笑いをとった。そこからどんどんと明るく社交的になり、高校時には「芸人になれば」と言われるほどに。ライブや相方との打ち合わせなどの忙しい毎日の中で、リフレッシュするのはぼうさいの丘公園での散歩。昔、初めてできた友人と初めて遊んだ場所だ。

 ▽先日行われた「あつぎハロウィーン」や、「フードフェスタ」で先輩芸人のラジバンダリ西井さんとともに司会を務めた。「色んな人に『見たよ』って言ってもらえて。人もたくさん来てくれたし、やって良かった」と安堵の笑顔。芸人として活動するかたわら、中町にある西井さんの店「F―BAR」で手伝いもしている。「厚木の良さをもっと発信したい。芸能界で『ハーフの芸人と言ったらジック』と言ってもらえるように」お笑い界を席巻する日を夢見て―。

厚木版のローカルニュース最新6件

タウンニュースで振り返る平成の厚木

<令和まであと11日> ともに未来へ向かおう。

タウンニュースで振り返る平成の厚木

4月19日号

ママの心の貧困も救う

ままカフェあつぎ子ども食堂

ママの心の貧困も救う

4月19日号

「厚木トマト」を味わって

市園芸協会施設やさい部会

「厚木トマト」を味わって

4月19日号

「不屈の精神で任務に」

改元日を特別な日に

厚木にムエタイ再び

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ママの心の貧困も救う

ままカフェあつぎ子ども食堂

ママの心の貧困も救う

4月26日 アミューあつぎ

4月26日~4月26日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク