厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年1月18日号 エリアトップへ

厚木市内11カ所で絵手紙教室の講師を務め、現在年賀状展を開催中の 萩原 トミエさん 上荻野在住 68歳

掲載号:2019年1月18日号

  • LINE
  • hatena

「ふだん着のわたし」輝く

 ○…「健康のために階段はなるべく使わないの。歩きましょ!」手作りの柿渋バッグを持ち、きびきびと歩く。念願のマッサージチェアは「折角買ったのに座る暇がないから埃かぶっちゃって」とお茶目に笑う。あふれ出るような活力を、絵手紙の中に勢いよく迸らせる。

 ○…清川村生まれ。林業に従事する父と専業主婦の母、姉2人に弟の4人きょうだいの中で育った。幼少期からの得意技「木登り」は、いまだに梅の実採りや柿もぎに活かされている。宮ヶ瀬中学を卒業後、ソニーに入社。工場でオペレーターとして勤務するなか「素朴な人柄に魅かれて」生涯の伴侶を得た。4人の子宝に恵まれ、夢中で子育て。手製の洋服やセーター、子どもたちが「母の味」と今も愛するミートソースやまぜご飯など、日常生活のあれこれにたっぷりの愛情を込めた。

 ○…子育てがひと段落したのち、民生委員や更生保護女性会など、地域活動に従事。絵手紙に出会ったのもそのころだ。役員をしていた公民館で企画した絵手紙教室に、自分も参加。真似ることではなく独自性を活かせるところにハマった。習い始めて半年後には講師の資格を取り、教える側に。20年経った今は、市内11カ所に60代〜80代の生徒が約100人。各教室で月に1度、笑顔のやりとりをしている。

 ○…絵手紙は「大きく描くほど想像が広がるから」はみ出すくらいに描くのがコツ。「上手いも下手も気にせず、ふだん着のままの自分でいいんです」。特別な道具どころか「ポキンと折った割り箸や枯れた紫陽花の茎が、いい筆になったりするのよ」と、やまぬ好奇心と探究心で、唯一無二の1枚を描き続ける。ちなみに最も大きな作品は畳1枚分ほど、荻野公民館の体育室に掲げられた『荻野讃歌』がそれだ。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

日野 公三さん

不登校や発達に特性のある子どもたちのための通信制学校を全国展開する

日野 公三さん

明蓬館高等学校校長 60歳

5月24日号

高野瀬 一晃(かずあき)さん

この4月に、学校法人ソニー学園湘北短期大学の第9代学長に就任した

高野瀬 一晃(かずあき)さん

65歳

5月17日号

前川 喜平さん

自主夜間中学「あつぎえんぴつの会」でボランティアスタッフとして学びを支える

前川 喜平さん

現代教育行政研究会代表 64歳

4月26日号

高田 義介さん

4月1日付で厚木商工会議所青年部の第18代会長に就任した

高田 義介さん

水引在住 42歳

4月19日号

伊福部(いふくべ) 玲(れい)さん

縄文土器創作講座の主宰を務める

伊福部(いふくべ) 玲(れい)さん

七沢在住 74歳

4月12日号

干場 芳子さん

「厚展」の4代目代表に就任した

干場 芳子さん

南町在住 73歳

4月5日号

井上 純さん

本厚木駅南口再開発地区の仮囲いにアートウォールを手がけた

井上 純さん

上荻野在住 37歳

3月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク