厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年3月15日号 エリアトップへ

ZOOM UP 「もっとうまく」原点忘れず 神奈川工科大からJリーガーに飛躍した飛田裕大さん(22)

スポーツ

掲載号:2019年3月15日号

  • LINE
  • hatena
今シーズンの「Y.S.C.C.」での活躍が期待される
今シーズンの「Y.S.C.C.」での活躍が期待される

 ▽「今年トップチームに昇格できなかったら、辞めるつもりでいた」―。

3月10日に開幕したサッカーJ3リーグで戦う「Y.S.C.C.」の新戦力として念願のJリーガーになった。子どものころからサッカーが好きで、常に「もっとうまくなりたい」と思い続けてきた。その気持ちは神奈川工科大学2年のときに溢れ出す。「プロになりたい」。「Y.S.C.C.」のセカンドチームのセレクションを受け合格。大学を中退し退路を断ち臨んで2年、ついに昇格を果たした。

 ▽大和市出身。父親が高校球児だった影響で、幼い時から野球少年。しかしある時、知り合いの母親に頼まれ、子どものサッカーチームの試合に出場。全くの素人ながら得点するなど活躍した。「とにかく楽しくて」と、一瞬で虜になり、小1で地元クラブに入り本格的に始めた。中学時代は「FC厚木メリッソ」に所属。放課後、学校から練習場所の及川球技場まで通う日々を続けた。その後、Jリーグ「町田ゼルビア」のユースセレクションに合格したが、トップ昇格はならず、大学サッカーを選択した。工科大でプレーする中、 “プロ”への想いが日に日に強くなり、ついに監督に相談。監督が「勝負してみろ」と背中を押してくれたことに今も感謝する。

 ▽1年で昇格を果たせずセカンドチーム2年目の昨年、キャプテンを務めた。一時その責任や昇格への強すぎる想いに故障が重なり、「メンタルがボロボロになった」。だが後輩らチームメートが支えてくれ救われたという。それもプロへの貴重な糧になったようだ。

 ▽ミッドフィルダーとして「1対1の対人」「ボール奪取」に自信を持つ。「今シーズンのY.S.C.C.はおもしろいサッカーをします。ぜひ観に来てください」。開幕にワクワク感を抑えられない様子。「まずはピッチの内外でプラスになることを意識していきたい」

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

佐藤りえ氏トップ当選

愛川町議選

佐藤りえ氏トップ当選 政治

投票率は43・54%

10月11日号

デイケアを体験しよう

デイケアを体験しよう 社会

10月20日 さつきの里あつぎ

10月11日号

その石が誰かに届く!?

その石が誰かに届く!? 文化

話題の遊び「WAROCK(ワロック)」

10月11日号

インフルで学級閉鎖

JAで強盗訓練

JAで強盗訓練 社会

安全対策などを学ぶ

10月11日号

新看板お目見え

新看板お目見え 経済

厚木商工会議所

10月11日号

朗読の名手 会場を魅了

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

400年前の郷土の歴史を探る

400年前の郷土の歴史を探る

10月27日(日) 荻野運動公園

10月27日~10月27日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク