厚木版 掲載号:2019年3月15日号
  • LINE
  • hatena

街の宝物

 厚木高校時代、男子の間で「河原ッタ」という言葉が流行った。顔を洗った、ではない。かわらった、である。女の子と相模川の河原に行ったという意味だ。当然のこと、河原で空き缶拾いをしたのではなく。ナニかして来たぜ、という報告である。もっとも40年前、基本ガリ勉君揃いの厚高で、河原ッタのなんかごく一部の英雄たちのみだし、ナニと言ってもチューぐらいのことだったと思うのだが。ガリ勉ではないが、奥手チームだった私は、英雄たちの雄姿を仰ぎ見るばかりであった。

 10年前、文化会館で上演した市民劇『リバーソング』では出演者たちに川の思い出を語って貰うシーンを作った。その中で、お爺さんの遺骨の欠片を笹舟に乗せて流したというエピソードがあった。そんなことは本当はいけないのかもだけど、お爺さんは喜んだだろう。

 厚木にとって、この川は大きな財産だ。この街の人たちの思い出と希望が、ずっと流れ続けている。大昔から、昭和を経て、平成を超えて、更にその先に向かって。大切な資源であり、文化でもある。こんな宝物を授かっているのだから、守るのは当たり前のこと。それ以上に、さまざま使わせて頂くべきではないかと思う。ひと昔の開発の発想ではない、もっと共生的な、川を愛するスタイルで。花火だけではもったいない。

 個人的には本物の船を川に浮かべて、生きた馬を走らせ、本水や本火を使った壮大な野外歴史劇など、いつかやりたいと夢想している。

厚木版のコラム最新6件

10年ぶりの再会

10年ぶりの再会

4月5日号

音楽の森

音楽の森

3月15日号

ラッキィ池田

ラッキィ池田

2月22日号

街の顔

街の顔

1月25日号

変化の時はきている

厚木青春グラフィティ

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ママの心の貧困も救う

ままカフェあつぎ子ども食堂

ママの心の貧困も救う

4月26日 アミューあつぎ

4月26日~4月26日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク