厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

地域とかかわる契機に 湘北短期大学 福祉委員会

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
4月17日に行ったクリーンキャンペーン
4月17日に行ったクリーンキャンペーン

 市内温水にキャンパスを構える湘北短期大学では、年に4回、「クリーンキャンペーン」を実施している。

 同大に通う学生の有志およそ50人で組織される福祉委員会が中心となって行うこの取組み。ちょうど1限が始まる前の時間に本厚木駅の北口で同委員会のメンバーが通学途中の学生らにゴミバサミとビニール袋を配布。学生らは大学までの道のりをゴミ拾いをしながら歩いていき、「普段お世話になっている」通学路を20分〜25分ほどかけてきれいに。厚木の町の美化につなげている。同委員会の委員長を務める片田日奈子さん(保育学科2年)は、「こういった機会がないと、学生は地域とかかわることはほとんどないと思う。これを機に少しでも貢献できれば」と話す。

 このほか、同委員会は市内の公共施設や小学校に赴き、子どもたちに向けて、防犯紙芝居の読み聞かせや、「タオル人形」の作り方を教えている。「自分たちも学ばせてもらっている」と片田さんが語るように、学生らは子どもたちとの交流を通して接し方を学び、将来に生かしているようだ。

 また、毎年10月に行われている湘北祭では、バザーの売上を日本盲導犬協会に寄付。

 学生たちも地域と様々な形でつながり、貢献しようと活動にまい進している。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

高齢者等にマスク配布

サイズは上々

サイズは上々 社会

6月1日から鮎解禁

5月29日号

「あつぎメロン」読者5名様に

厚木市が独自支援を拡充

【Web限定記事】

厚木市が独自支援を拡充 社会

約3億8500万円を追加補正

5月29日号

相模原と県央統合でさがみ支部へ

(公社)全日本不動産協会

相模原と県央統合でさがみ支部へ 経済

支部長に鈴木正美氏

5月29日号

地域の取り組みを募集

6月は環境月間

地域の取り組みを募集 社会

5月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月22日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク