厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

こだわりの逸品これからも 飯田コンニャク店 飯田正幸さん

文化

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena

 明治10(1877)年創業、その歴史は140年になる老舗コンニャク店の4代目だ。

 農家だった曾祖父が、地域の祭りでコンニャクを作って売ったのが好評だったことから商いに。当時、「糸の町」愛川町の半原には、桑の木の間にコンニャク芋が植えられており、原材料に困らなかったという。

 現在、原材料を扱う店だけでなく、コンニャクを作る道具を製作する業者も減ってきているという。廃業する同業者から道具を譲り受け、自社の道具を修理しながらも、こだわりのコンニャクを作り続けている。

 5時に起きコンニャク作りが始まる。今も昔ながらの『バタ練り製法』にこだわる。この製法は粘り気が出て、歯ごたえや口当たりが変わる。遠方から足を運ぶ人もいる、知る人ぞ知る店だ。

 朝造りの「朝めしまえ」や「こんにゃくでご麺」など、独特なネーミングは自身が考案。「昔ながらの食材の特徴を認識して、料理をする人がもっと増えてくれたらうれしい」と話す。月に1回店頭で、手作りコンニャクの即売もしている。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

冒険は新たなステージへ

冒険は新たなステージへ 社会

愛川町出身・荻田泰永さん

5月24日号

利用者から日々学ぶ

70歳で介護福祉士の資格を取得

利用者から日々学ぶ 社会

ひかりデイサービス荻野 松下龍三さん

5月24日号

ゲームで知る防災

愛川町六倉区

ゲームで知る防災 教育

地域で独自イベント

5月24日号

新浄瑠璃百鬼丸「かなりの自信作」

横内さん主宰劇団扉座公演

新浄瑠璃百鬼丸「かなりの自信作」 文化

6月16日 厚木市市文化会館大ホール

5月24日号

「まずは県2部昇格」

「まずは県2部昇格」 スポーツ

はやぶさイレブン・阿部敏之監督

5月24日号

厚木をキャンプ地に

東京2020五輪

厚木をキャンプ地に スポーツ

NZゴルフ協会

5月24日号

「誰でも参加OK」

緑ヶ丘

「誰でも参加OK」 社会

地域で育む居場所作り

5月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク