厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

キラリ光るママを紹介-【14】 親子ダンスでママも笑顔に Mam☆Souls代表 楠田有希さん(39)

社会

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena

 「産後の運動不足に、親子で踊って笑って悩みや疲れを発散しましょう」とパワーあふれる声色で呼び掛けるのは、未就学児向けダンスサークル「Mam☆Souls」の代表・楠田有希さん(厚木市三田)。保護者と子どもが一緒に楽しむ親子ダンスのほか、チアやヒップホップのサークルも主宰する。「親子ダンスは、ママが笑顔になるためのレッスンなんです。ママの笑顔で子どもも笑顔になります」。そう話す表情は活気に満ちて、周りに元気を与える。親子ダンスは、不定期で月3回ほど厚木南公民館やアミューあつぎなどで開催している。「参加者から『明るいレッスンが好き』と言ってもらって。私自身も楽しく、元気をもらっています」とにっこり。

 新潟県出身。2歳半から姉の影響でモダンバレエを始める。高校時にはアルバイトでお金を貯め、東京や大阪のダンススクールに通った。高校卒業後は、都内のダンス専門学校に進学。20歳のころからインストラクターとしてダンスを教え始める。30歳で結婚してからも、ダンス漬けの日々を過ごしていた。

 「幼馴染が厚木に住んでいて、何度も遊びに行くうちに好きになった」と、6年ほど前に横浜から厚木へ移り住んだ。その後、すぐに長男(4)を授かり出産。3年後には次男(1)も誕生した。長男を出産してからママ友と交流する中で、子育てに悩むママを見て「楽しいことをしたい」とベビーダンスを始めた。

 現在は、2児を育てながら毎日ダンスを教える生活。日曜保育やファミサポを利用することもしばしば。「子どもたちには申し訳ない気持ち。長男が『しょうがないよ、おかあさんおしごとだから』と次男に言ったときは辛かった」と吐露。それでも「子どものSOSに気づける、子ども第一優先にしたい」と、優しい母の顔。「ダンスはお金をかけずに自己表現ができる。教え子たちの成長が楽しみ」。今日もダンスを通じ、元気と笑顔を届ける――。

親子ダンスの様子
親子ダンスの様子

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

3月2日から

市議会・一般質問

3月2日から 社会

2月26日号

保育士が公園に出向き育児相談「子育て・気楽に相談パーク」を開始

【Web限定記事】厚木市子育て支援センター

保育士が公園に出向き育児相談「子育て・気楽に相談パーク」を開始 教育

2月26日号

元日本代表MF水野晃樹選手が新加入

【Web限定記事】はやぶさイレブン

元日本代表MF水野晃樹選手が新加入 スポーツ

「昇格に力を尽くしたい」

2月26日号

オンライン確定申告PR

厚木税務署

オンライン確定申告PR 社会

永里選手らがスマホ体験

2月26日号

「広報あつぎ」が2年連続最優秀賞

「広報あつぎ」が2年連続最優秀賞 文化

コロナ禍の「つながり」見つめ直す

2月26日号

ATGサイレン灯

【Web限定記事】

ATGサイレン灯 社会

2月26日号

グループホーム花物語がオープン

花物語あつぎ南(厚木市岡田)、花物語きよかわ(清川村煤ケ谷)

https://hana-kaigo.jala.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月29日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク