厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

「ロボに会える街」をめざして ロボットゆうえんち 岡本正行さん

文化

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena
アイドロイド5のレッドを手にする岡本さん
アイドロイド5のレッドを手にする岡本さん

 いつでもロボに会える街・厚木をめざして-。

 「あつぎものづくりブランドプロジェクト」(中村幹夫会長/通称・ATSUMO)が開発した、ロボットアイドルグループ『アイドロイド5』が今年4月にオリジナル曲『だから、やりましょ!』でDVDデビューした。

 アイドロイド5は、ご当地ロボットアイドルグループで、曲に合わせて、5体が息の合ったダンスを披露するのが特徴。「紅白出場」を目標に掲げるが、「広告塔として厚木のロボットを知ってもらう役割が大きい」とロボット開発担当理事でロボットゆうえんち代表の岡本正行さんは話す。

「環境を整えたい」

 「サッカーや野球でも、外国で活躍する選手が増えてきた。それは環境が整っているから。子どもの時にロボットの体験操縦をしたことがない人はたくさんいるけど、サッカーボールに触ったことがない人はほとんどいない。ロボットに触れる環境を厚木で整えたい」と話す。

 その思いの通りに、ロボットゆうえんちで実施しているロボットの体験操縦は50万人を突破。この夏には山形県で地元の企業と組んで、新しいロボコンの大会を立ち上げる。さらに、全国のホビーショップを回り、ロボコンの企画を売り込むなど、並々ならぬ情熱で動き回っている。溢れんばかりの原動力の源は、子どもの頃にテレビで見た大阪万博の「相澤ロボ」。「『スゲェ』と思った感覚を、今度は私が子どもたちに見せたい」と力説する。「2020年には小学校でプログラミングが必須科目になるし、次は続けてもらうために敷居を下げないといけない」と話す。

 「いつでもロボに会える街・厚木」をめざして、岡本さんの情熱はまだまだ燃え続ける。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

「お正月を楽しんで」

第二森の里

「お正月を楽しんで」 社会

施設内に神社を設置

1月15日号

約束のネバーランドと神奈中タクシーがコラボ

約束のネバーランドと神奈中タクシーがコラボ 社会

ラッピングでコロナ禍に元気を

1月15日号

小中学校で役立てて

【Web限定記事】

小中学校で役立てて 社会

町婦人団体連絡協議会が雑巾寄付

1月15日号

選挙啓発ポスター展示

【Web限定記事】

選挙啓発ポスター展示 文化

あつぎロードギャラリー

1月15日号

食と農の大切さ伝えたい

【Web限定記事】

食と農の大切さ伝えたい 社会

青空クラブが市内保育所に農産物寄贈

1月15日号

あつぎ飲食店応援電子商品券、使用期間が延長

【Web限定記事】

あつぎ飲食店応援電子商品券、使用期間が延長 経済

3月31日(水)まで使用可能に

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月11日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク