厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

ロボットと創る「未来」へ 介護ロボットの社会実装構築プロジェクト

社会

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena
パワーアシストハンドを体験
パワーアシストハンドを体験

 「さがみロボット産業特区」のひとつに指定されている厚木市。多くの民間企業・大学・団体が、未来を夢見るロボット産業に力を入れている。

 今秋には、新たに「厚木発!ロボットを活用した地域在宅高齢者支援サービス」の実証実験が始まる。これは在宅高齢者に対してロボットを活用した在宅介護支援モデルを作るもの。ロボットと地域の介護・医療・行政機関が連携して支援するモデルは全国でも初の取り組みとなる。

 実施主体は『介護ロボットの社会実装構築プロジェクト』(管理機関/(株)エルエーピー)。同プロジェクトは、ロボット研究開発拠点都市推進プロジェクト「チームアトム」をはじめ、あつぎものづくりブランドプロジェクト「ATSUMO」、社会医療法人社団「三思会」、厚木市のほか、市内外の大学などのメンバーで構成されている。

実証実験へ

 同プロジェクトでは2016年度から計画をスタート。「高齢者が在宅で安心して暮らして行けること」をテーマに、自治体の支援や介護保険施設等を検証した支援ロボットの開発、サービスに必要なシステムの企画・設計などを行ってきた。

 サービスでは、リハビリロボ・医療ロボ・介護ロボ・見守りロボをITネットワークで繋ぎ、支援情報を一元化することで病院や行政と情報を繋ぎ、緊急時の対応から平常時の対応改善をおこなえる体制を作りあげ、地域全体での在宅高齢者を支えるというもの。

 今秋には市内の地域包括支援センターや自治体と協力し、見守りロボやリハビリロボを使った実証実験を開始する。

 代表者となる北村正敏さん(67)は「超高齢社会となる未来。厚木を高齢者が在宅で安心して過ごせるような街にしたい。またロボットによる地域活性化をめざしたい」と笑顔で話す。

 ロボットによる未来は、夢に溢れている。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

「ダム酒」で宮ヶ瀬活性化へ

「ダム酒」で宮ヶ瀬活性化へ 社会

黄金井酒造が新酒を発売

11月22日号

愛川リトルから4人入賞

県小学生陸上競技交流大会

愛川リトルから4人入賞 スポーツ

11月22日号

学生が企画運営

ファッションショー

学生が企画運営 教育

あす湘北短大

11月22日号

「ひまわり」 23日に発表会

厚木群読の会

「ひまわり」 23日に発表会 文化

11月22日号

塩専門店が”味噌勝負”で快挙

ZOOM UP

塩専門店が”味噌勝負”で快挙 社会

第3回おいしい厚木コンテストで優勝  岡 雅之さん(53)

11月22日号

楽しんで「環境」学ぶ

楽しんで「環境」学ぶ 社会

愛川でフェス盛況

11月22日号

和紙ちぎり絵550点

国立新美術館

和紙ちぎり絵550点 文化

本紙持参で入場無料

11月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月22日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月22日号

お問い合わせ

外部リンク