厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

子育てママの応援団―【7】 赤ちゃんはことばの天才 言語交流研究所 ヒッポファミリークラブ

教育

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena
厚木・愛川地域研究員の(左から)小松江利子さん、多田伸子さん、荒谷晴美さん、井上綾乃さん
厚木・愛川地域研究員の(左から)小松江利子さん、多田伸子さん、荒谷晴美さん、井上綾乃さん

 「赤ちゃんは世界中どこでも、その環境のことばを自然に話せるようになります」と話すのは、(一財)言語交流研究所・ヒッポファミリークラブの厚木・愛川地域研究員の多田伸子(しんこ)さん(70)。同クラブは1981年に発足。全国600カ所で、0歳からシニアまでが「ことばの自然」について実践、研究している。厚木・愛川地域では、86年から多田さんを中心に30年以上活動を続けている。「子どもも大人も対等で、仲間の体験を聞くことで、自分の体験にもなる」とクラブの魅力を語る。

 同クラブでは、英語をはじめ、スペイン語や韓国語、ロシア語など、いくつもの言語が飛び交う環境の中で楽しく多言語を身につけていく。初めての人もCDの真似をするだけ、意味はわからなくても、ゲームやダンスを交えながら学ぶ。

 厚木・愛川地域では、多言語・自分育て・子育てプロジェクトと題し、子育て支援も行っている=写真下。ワークショップでは、赤ちゃんが言葉を習得するプロセスを体験し、子どもと過ごす毎日を、より楽しくするヒントを見つけていく。参加者からは、「子どものためを思って参加したけど、自分のためにもなっている」や「赤ちゃんは“わからない”のではなく、“わかる”の積み重ねだと思った」などの声が聞かれた。「赤ちゃんの素晴らしさに気が付くと、ママも子育てしやすくなる。いろんな世代がいるので、先輩ママも相談しやすい環境です」と多田さん。

 「人との出会いでその国を好きになる」。何カ国もの留学経験を持つ多田さんの言葉には説得力がある。「小さいころから参加している子どもたちは、積極的で日本語も上手」とにこやかな表情。明るい笑顔と温かな眼差しで、見守っている。

*****

 次回のワークショップは、6月29日(土)の午前10時から正午まで、愛川町文化会館で「イタリアからの留学生 ことばの発達は赤ちゃんと同じ」を開催。問合せは【フリーダイヤル】0120・557・761へ。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

幼児教育・保育の無償化って?

気になる!

幼児教育・保育の無償化って? 教育

幼稚園や保育所での違い

8月23日号

遊びながら学ぶから楽しい

キラリ光るママを紹介―【17】

遊びながら学ぶから楽しい 教育

親勉インストラクター 遠山純子さん(47)

8月23日号

伝統を継承し50周年へ第一歩

土用の灸で暑気払い

土用の灸で暑気払い 文化

妙傳寺で夏の伝統行事

8月23日号

自分だけの絵本作り

自分だけの絵本作り 教育

デザインオフィス ティラミス

8月23日号

厚木法人会からのお知らせ

厚木法人会からのお知らせ 社会

〜どなたでも参加できます〜

8月23日号

落書き消して綺麗な街へ

落書き消して綺麗な街へ 社会

中学生がボランティア

8月23日号

夏の特別金利キャンペーン

新規のお客さま限定、キャンペーン期間は7月31日(水)まで

https://www.daiwa.jp/campaign/1906dnb/

ケアワーカー・保育士募集中

特別養護老人ホームミノワホームと厚木市認可保育園カミヤト凸凹保育園で求人募集

http://www.minowahome.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自分だけの絵本作り

自分だけの絵本作り

デザインオフィス ティラミス

8月23日~8月27日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク