厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

巧みな話術が商売道具 パティオとびお 半田商店

文化

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena
「コミュニケーションが大事だ」と客を楽しませると同時に、自身も喋って売るのが楽しいそう
「コミュニケーションが大事だ」と客を楽しませると同時に、自身も喋って売るのが楽しいそう

 とある市で、一際目立つ店を発見した。「らっしゃい。天気が良いからおまけしちゃうよ」「今日はかあちゃんの命日だ。おまけで2個つけちゃうよ」などと、ダミ声だけれど心地よい、まるで上野のアメ横かと錯覚するようなテンポ良い喋り口。買い物客は思わず足を止め、商品を手に取り、笑顔で買っていく―。周囲の客も2人のやり取りを見て楽しんでいる。時には行列を作り、客足が途切れれば話術で客を呼び込む、名物店主に話を聞いた。

波乱万丈の半生

 店の名は半田商店(厚木市鳶尾)。パティオとびお内の青果店だ。店主の半田満志さん(70)は秋田生まれ。厚木市にも事業所を置く大手メーカーで設計を担当したが「退屈で退職し、八百屋へ修行」に。1人で2日間30万円を売上げるなど活躍し、半年で鳶尾に店を出したのが25歳の時だった。

 「モノを売るにはお客さんを楽しませて、喜ばせなきゃ」と、一瞬立ち止まるようなジョークを交える話術で業績を伸ばし、大和や藤沢にも計8店舗を持ち、年商は7億にもなった。その後、支店は若い衆に譲り、保証人詐欺で6千万円の負債を負うも十数年で完済。現在は鳶尾の店舗のみを経営。店には、子連れの若い奥さんから90過ぎのご婦人まで、老若男女が世間話がてら買い物を楽しみ、客足がやむことはない。

 今後は「良い若いのがいれば、日本橋の一等地でもう一度勝負したいねえ」とニヤリ。情熱はまだ燃え続けている。

義理人情

 サービスできる秘訣を聞くと「市場はみんな協力してくれる長い付き合い。持ちつ持たれつで、自分の損得だけを考えないから」と、義理人情に重きを置く。現場も仕入れも、人の繋がりを大切にする、古き良き商店がそこにあった。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

拉致問題を知って

拉致問題を知って 社会

清川で16日に映画会

11月15日号

福を呼び込め

福を呼び込め 文化

大鷲神社で酉の市

11月15日号

東邦興産が銅賞

東邦興産が銅賞 社会

交通事故防止に貢献

11月15日号

町長が直接メッセージ

町長が直接メッセージ 教育

愛川東中で特別授業

11月15日号

アミューでがんサロン

アミューでがんサロン 社会

11月17日 ティールボンボン

11月15日号

障がい者が公園清掃

障がい者が公園清掃 社会

「可能性を広げられれば」

11月15日号

最期まで自分らしく

最期まで自分らしく 社会

11月22日に講演会

11月15日号

神奈川中央病院

認知症治療病院 外来診療受付中

https://kanagawachuo-hospital.com/

厚木市プレミアム付商品券 

厚木市プレミアム付商品券、使用可能店舗を募集。申込期限は7月31日(水)まで

http://premium-gift.jp/atsugi/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月25日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク