厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

念願のソーラーパネル設置へ 一般社団法人あつぎ市民発電所

社会

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena
ソーラーシェアリングを行う厚木市飯山の農園での収穫祭。この場所にソーラーパネルが設置される
ソーラーシェアリングを行う厚木市飯山の農園での収穫祭。この場所にソーラーパネルが設置される

 脱原発と再生可能エネルギーの普及をめざす一般社団法人あつぎ市民発電所(遠藤睦子理事長)。設立から1年3カ月が経過し、念願の太陽光発電パネルの設置工事が11月下旬からはじまる。遠藤理事長は「多くの人の賛同による市民の繋がりが大きかった。この輪を今後も広げていきたい」と話す。

 同団体は、市民参加型の発電事業を行う一般社団法人。遠藤理事長が脱原発の市民活動に参加する中で、「自分たちにできることはないだろうか」と設立に至った。発電の手法として、田んぼや畑で作物を育てながら、地表から2・5〜4mの高さに設置したソーラーパネルでエネルギーを生成する「ソーラーシェアリング」を採用。その設置基金を募っていた。

制度終了で課題も

 9人でスタートした法人は、現在は賛同する会員が約110人。呼び掛けた基金は144人の協力を得て、399万円になった。目標の800万円には届かなかったが、工事費の圧縮、借入れなどで、資金面での準備は整った。市などへの申請なども済んでおり、いよいよ「1号機」の設置工事が始まる。設置する農園は広さ385平方メートルで、パネル面積は150平方メートル。遮光率は38・8%になる。発電見込みは年3万3千kWh、売電は年59万円と試算する。完成は年末から年始にかけてで、来年1月11日(土)に通電式を予定している。

 10月26日には、パネルを設置予定の落合農園(厚木市飯山)で収穫祭を行った。約30人が参加し、さつまいもや落花生など約80kgを収穫。遠藤理事長は「みんな笑顔で収穫できた。来年はパネルの下での収穫。より多くの人に参加してもらいたい」と胸を躍らせる。

 今後は「2号機、3号機と広げていきたい」と計画するが、FIT(固定価格買取制度)が来年で終了し、その後の売電については先行きが不透明だ。遠藤理事長は「FITに頼らない方法、電力の地産地消を考えないといけない。課題は多いが市民発電所として何ができるのか、市民の意見を反映してやっていきたい」と話す。
 

アイネックスがリフォーム博開催

10月31日湯花楽厚木店。屋根・外壁、キッチン、蓄電池のコーナーも

http://www.in-ex.co.jp/

雨漏れ、飛散、屋根修理

雨が漏った、屋根材が剥がれたなど困り事はアイネックスへ

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

感染症対策踏まえた改革を

感染症対策踏まえた改革を 経済

行革調査委員会が答申

10月23日号

地域で平和を考える

睦合南公民館

地域で平和を考える 社会

40周年事業・映画鑑賞会

10月23日号

第一生命保険と協定

愛川町

第一生命保険と協定 文化

健康増進等で連携

10月23日号

来年の真打昇進が決定

厚木市在住立川志奄(しえん)さん

来年の真打昇進が決定 文化

志らく師匠からは宿題も

10月23日号

5000株のざる菊がお出迎え

四季の自然観察会

四季の自然観察会 社会

参加者を募集

10月23日号

お家のリフォーム相談ください

「我が家もリフォーム?」とお考えの方へ。見積り・相談無料!

https://sakurakentiku.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク