厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

活動報告No.287 子宮頸がんワクチン 無所属・県政会 さとう 知一(49歳)

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena

 癌(がん)は、神奈川県では死亡原因の第1位であり、約3人に1人が癌で亡くなっています。

 ライフスタイルの変化や高齢化の急速な進行により、癌の罹患や死亡者は今後も増加することが見込まれています。

 私も県議会議員として「神奈川県がん克服条例」策定に関わり、がん対策に取り組んでいます。

さとうの問題意識

 私は「救える命を救う」「避けられる癌を防ぐ」ための対策が県では不足していると考えています。

がん患者の就労

 日本人の2人に1人が癌となり、3人に1人が「がん」で亡くなります。

 県のがん克服条例では、事業主の癌患者雇用継続への配慮と対策への協力を「責務」としています。

 患者の働き方に応じた就業希望や雇用能力開発支援と患者・家族の自立に向けた包括的支援推進を県に強く求めています。

マザーキラー対策

 9月18日の私の本会議質問では、がん対策・子宮頸がんワクチン接種等について取り上げました。子宮頸がんで年間3千人の女性が死亡し、その数は交通事故死よりも多い。自殺を除くと20〜30代の死因トップが子宮頸がん。

 幼子を残し亡くなる母が多いことから「マザーキラー」と呼ばれます。

 ワクチン接種によって数万人の命が救われると言われています。子宮頸がんワクチンの副反応については 名古屋スタディ(大規模調査)、厚労省の研究等は、有意差なしとしています。正しい知識の普及に力を入れるべきと佐藤は考えています。

さとう知一

厚木市寿町1-2-3-101佐藤知一事務所

TEL:070-6407-3910

http://sato-tomokazu.com/

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

厚木・愛川・清川版の意見広告・議会報告最新6

さとうの熱意で動く

活動報告 No.292

さとうの熱意で動く

県会議員(無所属・県政会) さとう 知一

1月17日号

「将来の夢」を持ち続けるまちへ

県政報告

「将来の夢」を持ち続けるまちへ

神奈川県議会議員 佐藤けいすけ

1月1日号

議会をリードする

活動報告No.290

議会をリードする

無所属・県政会 さとう 知一(49歳)

1月1日号

新政あつぎ

無所属プロフェッショナル集団厚木市議会会派意見広告

新政あつぎ

12月20日号

台風災害復興に向け国へ意見書提出!

県民の生命と財産を守る! 活動報告

台風災害復興に向け国へ意見書提出!

神奈川県議会議員 建設・企業常任委員会 委員長 山口貴裕

12月20日号

ラグビーワールドカップ

ラグビーワールドカップ

無所属・県政会 さとう 知一(49歳)

12月13日号

台風による被害への対応

県政報告

台風による被害への対応

神奈川県議会議員 佐藤圭介(愛甲郡)

11月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク