厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年11月22日号 エリアトップへ

厚木青年会議所50周年 若き団結(ちから) 第12代理事長(1980年)山口 巖雄さん(77)

掲載号:2019年11月22日号

  • LINE
  • hatena

 JC卒業後は政治家を志し、周囲の大きな期待を受け県会議員に。2期務めたのち第4代厚木市の市長に就任、3期にわたり厚木のまちの発展に貢献した。2012年には旭日小綬章を受章。輝かしい経歴を持つ。現在は社会福祉法人県央いずみ会の理事長として3つの保育所の運営、福祉事業に携わる。”人生、走り続ける”人である。

 厚木高校から立教大学へ。学生時代は箱根駅伝にも出場。区間3位の経歴も持つ。卒業後は横浜で修行、26歳で厚木へ戻り独立。「いつか一人前になって青年会議所に入るんだ」と3年無休で働いた。”山口青年”にとってJCとはそんな憧れの存在だった。実業家としてなんとかやっていけると思った32歳で会田明氏と鈴木修氏のスポンサーで入会。理事長時代は東南アジアの子供たちを招いての支援、市内へ1万本の桜の植樹事業、中国への訪問、綾瀬青年会議所の立ち上げなど大きな事業を次々と敢行。関東地区や日本JCからの表彰も受けた。

 走り続ける原動力は”青年会議所での活動”。「入会しなかったら、今日のような仕事はできていなかった。JC活動には人生を踏み出す第一歩があった。だから青年会議所は(自分の)生みの親。人の心は踏み台にするのではなく、大切にして尽くす気持ちを持たなくてはいけない。それをJCに教わった。感謝しかない」。――誰をも虜にする、その語り口調は健在。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

石川 操さん

体育功労者団体の部で表彰を受けた依知北地区体育振興会の会長を務める

石川 操さん

厚木市山際在住 69歳

1月17日号

田代 宰(つかさ)さん

1月1日付で公益社団法人厚木青年会議所の第52代理事長に就任した

田代 宰(つかさ)さん

弁護士 35歳

1月10日号

神田 裕子さん

ピティナ あつぎwakuwakuステーションの代表を務める

神田 裕子さん

厚木市上荻野在住 52歳

12月20日号

宮野 利美(としみ)さん

森の里クリスマスまつりの大会実行委員長を務める

宮野 利美(としみ)さん

厚木市森の里在住 69歳

12月13日号

原田 裕之さん

第36回神奈川工業技術開発大賞の受賞に貢献した

原田 裕之さん

堀硝子株式会社勤務 52歳

12月6日号

三好 正秋さん

令和元年度食品衛生功労者として厚生労働大臣表彰を受賞した

三好 正秋さん

愛川町田代在住 78歳

11月29日号

藤井 かほるさん

統計調査員として最高峰となる大内賞を受賞した

藤井 かほるさん

厚木市妻田南在住 79歳

11月22日号

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク