厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年2月21日号 エリアトップへ

父の死と緩和ケア

掲載号:2020年2月21日号

  • LINE
  • hatena

 サラリーマン生活を終えて約20年、扉座の運営を手伝ってくれた父が亡くなった。87歳の大往生だ。昨年秋、胃を中心に内臓中に散ったガンが見つかって、年越しは厳しいという診断が出た。本人と家族同意の上、ガンとは闘わず、痛み苦しみを取り除くことを最優先する、緩和ケアを受けることにした。お世話になったのは町田市民病院である。

 ここの緩和ケアが素晴らしいものであった。治すことを考えないと言うのは、簡単な決意ではない。父の年齢と状況があって、迷いなく選択できたことだ。幸い、病んでも頭脳は明晰で、死ぬ前日まで、言葉と身振りで会話が出来ていた。痛みがまったく出ないという有り難い奇跡もあって、起き上がることはかなわなかったけど、入院して2か月、穏やかな船旅のような別れの日々を過ごせた。

 会いたい人たちに会って、笑ってサヨウナラを言った。涙も流したけど、苦しみの涙ではなく、別れる寂しさの涙だ。ガンは確実に、父の命を削った、しかし闘おうとしない父と対峙して獰猛な闘志を失ったようだった。ガンを飼い馴らした、そんな感じだった。

 最後は点滴も受けなかった。機械も繋がっていないから、その時が分からないほどだった。私たちは徐々に遠のく呼吸に耳を澄まして、木陰のうたた寝かと思うような永眠を見守った。

 まだ若く、エネルギーがあれば、闘うことも必要だろう。でも闘わぬ勝利もある。
 

ガス会社切替の悪質勧誘増加中!

おかしいな、と思ったら☎0120‐244‐566(県LPガスお客様相談所)へ

https://www.kanagawalpg.or.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のコラム最新6

心のワクチン

心のワクチン

3月27日号

神奈川工科大学

【新時代を行く【4】】 かながわSDGsパートナーを紹介

神奈川工科大学

3月6日号

本厚木ロータリークラブ

【新時代を行く【3】】 かながわSDGsパートナーを紹介

本厚木ロータリークラブ

2月28日号

父の死と緩和ケア

NPO法人 防犯パトロールブルーライン

【新連載・新時代を行く【2】】 かながわSDGsパートナーを紹介

NPO法人 防犯パトロールブルーライン

2月7日号

スマホを落とした

雨漏れ、飛散、屋根修理

雨が漏った、屋根材が剥がれたなど困り事はアイネックスへ

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク