厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年9月4日号 エリアトップへ

熱中症による救急搬送 厚木市、愛川町で増加 高齢者の搬送が目立つ

社会

掲載号:2020年9月4日号

  • LINE
  • hatena

 コロナ禍で迎えた2020年の夏。熱中症で救急搬送された人は厚木市、愛川町で昨年よりも増加、清川村は昨年と同数だった(8月31日現在)。特徴として、65歳以上の高齢者が救急搬送されるケースが目立っている。

■厚木市

 厚木市消防本部救急救命課によると今年、熱中症で搬送された人は112人。昨年より22人多かった。今年は、7月が11人で昨年より15人少なく、8月が95人で昨年より38人多かった。また、65歳以上の高齢者がほぼ半数を占めた。重症が1人、中等症が51人、軽症が60人だった。

■愛川町

 愛川町消防本部によると、今年の熱中症での救急搬送者は27人。昨年(9月1日まで)より6人増加した。

 厚木市同様に、65歳以上の高齢者が多く、全体の半数以上を占めた。屋外、職場での発生が大半だったという。

■清川村

 厚木市消防本部によると、今年の搬送者数は7月に1人(中等症)で、昨年は8月に1人(軽症)だった。搬送されたのは高齢者だった。

  ♢  ♢  ♢

 9月に入っても、各消防では、引き続き熱中症への注意を呼び掛けている。

 厚木市消防本部では、「9月に入り暑さはやわらいでいくと思われるが、熱中症は室内でも発症するので十分に注意してほしい」、愛川町消防本部では、「暑さのピークは過ぎたが、暑さが戻る日もあるので、引き続き熱中症にならないよう注意を呼び掛けていく」と話している。
 

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

町長が長寿を祝福

町長が長寿を祝福 社会

半原の福井チヨさん

11月27日号

高齢者とペットの暮らし

高齢者とペットの暮らし 社会

1月17日アミューあつぎ

11月27日号

地域と学校で思い出づくり

タウンレポート

地域と学校で思い出づくり 教育

厚木第二小学校と地区青少年健全育成連絡会

11月27日号

駅前に幻想的な光

駅前に幻想的な光 社会

ウインターイルミ点灯

11月27日号

佐宗選手初タイトル戦へ

厚木市在住

佐宗選手初タイトル戦へ スポーツ

「力を証明したい」

11月27日号

ATGサイレン灯

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク