厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年9月18日号 エリアトップへ

キラリ光るママを紹介―【20】 専業主婦から華麗に転身 シミケア専門店 SAKURA 梅原真理子さん(40)

文化

掲載号:2020年9月18日号

  • LINE
  • hatena

 キレイに手入れされた庭が印象的な一軒家。一歩足を踏み入れると、白を基調とした清潔感あふれる空間に、弾ける笑顔が素敵な女性―。

 ここは、今年5月にオープンしたシミケア専門店SAKURA(厚木市上荻野)。オーナーの梅原真理子さんは、26歳で結婚してから、10年間主婦として2人の子育てに専念してきた。35歳のとき、「社会に出るのは不安だったけど、頭で考えていても不安が大きくなるだけ。思ったときに行動」と、一念発起し整体の学校へ通い出した。

 そ後、整体師やダイエットインストラクターの資格を取得し、市内の整体サロンで働き出した。「ハードな仕事だけど、お客様の満足が喜びにつながるやりがいのある仕事」と目を輝かせる。学校へ通い出したときからの夢「自宅でサロン」を叶え、3年前に肩こり腰痛サロンLakuaをオープンさせた。そして2年ほど前、自身のシミが気になり始め、いろいろな化粧品を試すも目に見えた効果が得られなかったことから、シミケア専門店SAKURAの開業に至った。

 厚木市出身。3人姉妹の末っ子として生まれ、活発な幼少期を過ごした。結婚を機に愛川町へ。周りに結婚している友だちもなく、孤独だった。長男が幼稚園に入園し、「ママ友ができるかも」と思ったものの、他のママより若かったこともあり「浮いてるな」と思ったという。そこで、落ち着いた服装をしたり、率先して役員を引き受けたりして、徐々に周りに溶け込んでいった。それからはママ友を自宅に招いてパーティーするなど、今でも付き合いを大切にしている。

 仕事と子育ての両立は「大変」と吐露するが、その表情はイキイキとしている。「10年間の主婦生活があったからこそ今がある。子どもたちと向き合う時間を大切にしている」。子どもたちから「『仕事しているお母さんカッコイイ』と言われて。応援してくれています」とやる気の源となっている。「今子育てに追われているママも、自分の好きなことを見つけてほしい。失敗することを恐れず、失敗からチャンスを得ることもあるはず」と背中を押した。

園児募集中です!

厚木市岡田に企業主導型保育園が開園!伸び伸び育みます

https://teriha.jala.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

動く義手「バンク」で広がれ

七沢の神奈川リハビリテーション病院が拠点に

動く義手「バンク」で広がれ 社会

5月13日号

厚木SCが地元で試合

厚木SCが地元で試合 スポーツ

観覧を呼び掛け

5月13日号

8人に教育委員会表彰

愛川町

8人に教育委員会表彰 教育

社会教育、文化振興に功績

5月13日号

短歌で「福井新聞社賞」受賞

短歌で「福井新聞社賞」受賞 文化

厚木市在住の北村純一さん

5月13日号

「星の王子さま」の飛行機

特別養護老人ホームに

「星の王子さま」の飛行機 社会

5月13日号

平和祈る「百万本のバラ」

平和祈る「百万本のバラ」 文化

加藤登紀子さんコンサート

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook