厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年10月23日号 エリアトップへ

6年生一丸で作り上げる鼓笛隊 南毛利小学校 運動会へ向け練習佳境

教育

掲載号:2020年10月23日号

  • LINE
  • hatena
5、6時間目を使い隊形練習が行われた(10月20日撮影)
5、6時間目を使い隊形練習が行われた(10月20日撮影)

 隊形を移動させながら楽器を演奏する鼓笛隊。厚木市立南毛利小学校(横田宗一郎校長)の校庭に、太鼓やリコーダー、鍵盤ハーモニカの音色が響き渡る。11月7日(土)の運動会に向け練習も佳境だ。

鼓笛隊は憧れの存在

 かつては、厚木市内のほとんどの小学校で活動していたという鼓笛隊。ところが楽器の維持や管理が難しいことなどから、現在も存続するのは南毛利小と森の里小の2校のみという。南毛利小では、6年生になると運動会で鼓笛隊を披露するのが伝統となっており、入学時からの憧れの存在だ。

 同校では5年生の2学期に楽器決めのオーディションを行う。まず自分のやりたい楽器を選び、先生の前で一人ずつ演奏し、合否がつけられる。役割は、リコーダーや鍵盤ハーモニカ、大太鼓や小太鼓、シンバル、アコーディオン、木琴などの楽器の他に、指揮やバトンなど合わせて14種類もある。瀧澤奈悠(なゆ)さん=写真下=は、「指揮が一番輝いて見えたから」と主指揮を務める。

校長に宛てた想い

 今年はコロナの影響で、当初5月に予定していた運動会が延期に。瀧澤さんは、学校休業中の4月、横田校長宛に手紙を出した。手紙には「鼓笛を見せる場がなくなってしまうのではないか心配になった」と、不安の想いが綴られていると同時に、「6年生の先生達と迫力のある鼓笛隊を目指して頑張っていきたい」と、『自分たちが作り上げていく鼓笛隊』への決意も記されていた。受け取った横田校長も「瀧澤さんと同じ気持ちだった」と返事を書いた。

運動会は特別なもの

 6月から学校も再開し、1学期末には初めて体育館で音合わせをすることができた。そのときに横田校長から「運動会をやる」と伝えられ、「運動会は特別なものなので、すごく嬉しかった」と瀧澤さん。2学期からは本格的に練習もできるようになり、現在はほぼ毎日、練習に励む。6年担任の徳永沙良教諭は、「例年よりも移動を減らし、密にならない隊形作りを工夫した」と話す。

 披露するのは、校歌、YMCA、栄光の架橋の3曲。瀧澤さんは「みんな運動会を意識して一生懸命に練習しいている。隊形も『こうした方が』と提案があったり」と、6年生一丸となり憧れの鼓笛隊を作り上げる。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

町長が長寿を祝福

町長が長寿を祝福 社会

半原の福井チヨさん

11月27日号

高齢者とペットの暮らし

高齢者とペットの暮らし 社会

1月17日アミューあつぎ

11月27日号

地域と学校で思い出づくり

タウンレポート

地域と学校で思い出づくり 教育

厚木第二小学校と地区青少年健全育成連絡会

11月27日号

駅前に幻想的な光

駅前に幻想的な光 社会

ウインターイルミ点灯

11月27日号

佐宗選手初タイトル戦へ

厚木市在住

佐宗選手初タイトル戦へ スポーツ

「力を証明したい」

11月27日号

ATGサイレン灯

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク