厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年10月30日号 エリアトップへ

ZOOM UP 子どもたちの笑顔のために 毛利台青少年健全育成会 秋山勝茂会長(48)

コミュニティ教育

掲載号:2020年10月30日号

  • LINE
  • hatena
毛利台で子どもたちのためにさまざまな行事を企画する秋山さん
毛利台で子どもたちのためにさまざまな行事を企画する秋山さん

 ▽コロナ禍でさまざまな行事が中止になる中、毛利台地区では地域一丸となって、「子どもたちが楽しめるように」や、「子どもたちのために何かしたい」との想いから行事を計画している。明日10月31日(土)に「毛利台ファミリー子どもハロウィン花火大会」を実施するほか、11月7日(土)には「親子えんそくみかん狩り」を、12月には「今だからこそやろう!こども作品展」など目白押しだ。

 ▽4年ほど前から、毛利台青少年健全育成会の会長を務める秋山勝茂さんは、これらの行事を企画した中心メンバーのひとり。「コロナで3密を避けなければいけない中、企画するのには苦労しました」と話す。30年以上前から、夏休みに毛利台小学校の校庭で行っている夏祭りが中止となり、6月ごろから代替案が検討されていた。学校の校庭であれば密が避けられると、9月ごろに同小の校庭でハロウィンの日に花火をすることが決まったという。

 ▽育成会が主催する親子えんそくは、例年バスを貸し切って横浜などへ出かけるが、今年は現地集合、現地解散の可能な近場のみかん園を選んだ。組数も大幅に減らし、密にならないよう対策をとる。またこども作品展では、時計やゴーゴーカーなど4つのキットの中から選んで製作。作品展は、毛利台小と毛利台児童館で行われ、作品の写真が展示されるという。「子どもたちの笑顔が見たい、楽しい思い出を作ってほしいとの想いから企画しました」と気持ちを込める。

 ▽9歳のときに毛利台へ。5年生で始めた剣道は今でも続けており、毛利台青少年剣道クラブの指導員として、25年以上指導を続けている。「自分が子どものときから、一生懸命に指導してもらってきたので、恩返しの気持ちを持って指導にあたっています」とやわらかな表情で語る。「毛利台は、新興住宅地だったころから時が過ぎ、今では毛利台から離れた人たちの”ふるさと”となっている」という。「おじいちゃん、おばあちゃんが子どものことを考えて行動してくれている」と、地域の良さを話す一方で、現在は高齢化が課題となっている。「活動を継続していくためには、若い力が必要」と語った。
 

夏には防犯パトロールを行った
夏には防犯パトロールを行った

宝安寺 樹木葬墓地 新区画

1区画(3霊)33万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

和菓子職人が突撃取材

タウンレポート

和菓子職人が突撃取材 社会

愛川ブランド紹介動画が好評

9月17日号

ATGサイレン灯

彼岸に紅白の共演

常昌院

彼岸に紅白の共演 社会

厚木市棚沢

9月17日号

5連勝で暫定首位

はやぶさイレブン

5連勝で暫定首位 スポーツ

次戦は宣言明けを予定

9月17日号

身近な「むにゅーん」募集

身近な「むにゅーん」募集 文化

市民参加型展示会に向け

9月17日号

JTがクリーン活動

JTがクリーン活動 社会

5日連続でゴミ拾い

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook