厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年11月6日号 エリアトップへ

横山 実のGOLF LIFE Vol.5 【5】ラウンドに結びつく練習

掲載号:2020年11月6日号

  • LINE
  • hatena

 皆さん、練習場では普段からどのような練習をされていますか? 目の前のボールをただひたすら打つだけの練習は、スイングにも精神的にも怠慢な習慣をつけてしまう可能性があります。もちろん初心者の方やスイングの改造をしている方は、スイングを覚えるという意味では必要なことでしょう。

〈ショットごとに目標とクラブを変える〉

 ラウンドでは、ショット毎にいろんな思考を求められます。距離、高低差、傾斜、風向きなど。練習場の打席でもセットアップしながら150ヤードの看板を狙い、7Iでスライスボール、次のショットは右手前の50ヤードをPWでピッチエンドランを打つ。このように、ショットごとに目標を変えることでショットごとに考える習慣が身に付きます。ラウンド中に行う思考や動作を普段の練習で習慣化することにより、ラウンドでも自然と行うことができるようになります。

〈習慣化することで身に付く〉

ゴルフは同じ場所から何発も打って、一番良いショットを選ぶスポーツではありません。打席練習で何発も打っていればそのうち良いショットが出るようになりますが、コースではたった一発のショットをナイスショットのために思考し準備するはずです。ラウンドを想定し、一球ごとに目標を変えてクラブを変えてショットしましょう。コースで行う思考や動作を事前に練習する習慣を作ればそれが身に付き、ラウンドでも慌てることなく、同じリズムやタイミングでショットすることができナイスショットの確率が高まるでしょう。ほとんどの方の練習目的はスコアを縮めることでしょう。普段の打席練習の半分はその目的意識をもってラウンドを想定し、クラブを変え、ルーティンを取り入れショットに緊張感をもって目標に向けてショットしましょう。

◇著者紹介◇ PGA日本プロゴルフ協会会員 ティーチングプロ 横山 実
 

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のコラム最新6

復活の時!

復活の時!

10月8日号

音楽の森

♯みゅーじっくコラム♭

音楽の森

ピアニスト 倉本 卓(厚木市長谷在住)

10月1日号

ホテルカリフォルニア

無観客開催

無観客開催

8月20日号

横山 実のGOLF LIFE  Vol.13

横山 実のGOLF LIFE Vol.13

【13】 パッティングⅤ

8月20日号

横山 実のGOLF LIFE  Vol.12

横山 実のGOLF LIFE Vol.12

【12】 パッティングIV

7月16日号

雨漏れ、飛散、屋根修理

屋根、壁で困ったらお電話を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook