厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年12月4日号 エリアトップへ

市内5大学の学生がメッセージ 「WITHコロナ時代の大学生へ」 ポスターの完成を報告

教育

掲載号:2020年12月4日号

  • LINE
  • hatena
完成したポスターをPRする(写真左から)小川センター長、木島さん、江頭さん、上條さん
完成したポスターをPRする(写真左から)小川センター長、木島さん、江頭さん、上條さん

 厚木市内にキャンパスを置く5大学の学生が、11月26日に市役所を訪れ、「WITHコロナ時代の大学生へ」と題したメッセージポスターを作成したことを報告した。

 この日訪れたのは、作成の中心となった東京農業大学の上條薫さん(農学科2年)、江頭美鈴さん(生物資源開発学科2年)、湘北短期大学の木島悠光さん(総合ビジネス・情報学科2年)、神奈川工科大学の小川喜道地域連携・貢献センター長の4人。

 ポスターはイラストを用いたものと写真の2種類。ともに「今だから、できること。」との文言が書かれているほか、「あぶない!コロナは急に止まらない」、「コロナ禍でも楽しめることを見つけよう」、「社会が変わったのなら・・私たちはなにを変える?」と、3つの注意を呼び掛ける内容となっている。

 ポスター作成のきっかけとなったのは、9月に行われた「withコロナ期を、めげず、元気で過ごす、ちょっとしたコツや心構えを話し合おう」をテーマに5大学の学生によるオンラインミーティングだった。9人の学生が参加し、コロナ禍での学生生活や困っていることなどについて、意見交換が行われた。その中で、5大学連盟で学生へ向けたメッセージやポスターを作成することとなったという。

 その後ポスター作成にあたり、複数回にわたってオンラインミーティングが行われた。上條さんは「直接会えなかったので、コミュニケーションをとるのに苦労した」と吐露する。木島さんも「他大学の人たちと予定を合わせるのが大変だったけど、5大学でやることに意味がある」ときっぱり。ポスターのイラストを担当した江頭さんは、「キャンパスライフは爽やかなイメージなので、すっと通った一本道にしたかった。未来へ向かうイメージで描いた」と話す。

 最後に5大学の学生へ向け、「このポスターを見て、当事者意識を持ってもらえれば」と声をそろえた。なおポスターは、各大学の構内に貼られるほか、市や大学のホームページなどで発信される。

園児募集中です!

厚木市岡田に企業主導型保育園が開園!伸び伸び育みます

https://teriha.jala.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

安全運転を再確認

安全運転を再確認 社会

中央自校でシルバー講習

1月28日号

暗算検定で一級全種目満点

暗算検定で一級全種目満点 教育

厚木市上依知 森田葵(まもる)さん

1月28日号

青春劇場カラオケ

青春劇場カラオケ 文化

2月5日アミュー

1月28日号

織り姫を募集中

湘南ひらつか七夕まつり

織り姫を募集中 社会

1月31日締切

1月28日号

地元酒蔵の魅力一冊に

地元酒蔵の魅力一冊に 文化

神奈川新聞の連載書籍化

1月28日号

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook